繊細に燃え上がる相性(澤穂希さん、辻上裕章さん)

澤穂希さん  1978.9.6

8 57 55 戌亥 玉堂星 天胡星
龍高星 石門星 車騎星
天堂星 石門星 天将星

辻上裕章さん 1976.8.31

52 33 53 子丑 調舒星 天南星
貫索星 牽牛星 司禄星
天禄星 調舒星 天報星

宇宙盤の相性

青→辻上さん
赤→澤さん
縁の強さ
8-33干合
8-53干合
57-52干合
干合後変化(澤さんメイン) 干合後変化2(辻上さんダブル干合) 干合後変化
(辻上さんメイン)

なでしこジャパンの日本代表として、チームを引っ張ってきた澤さんとその結婚相手辻上さん。結婚発表が出たときには思わず素晴らしい組み合わせだ!と思いました。お二人共、非常に人間味があり、あたたかで重厚な印象。さて、アスリートのお二人はどんな相性なのでしょうか。

典型的な干合縁です(男女和合構造)。しかもトリプル干合で、これはすぐに恋愛対象として意識してしまいそうです。恋愛にはならなくても、すぐに意気投合しやすく、惹かれあいます。事実、お二人は恋愛にすぐにはならずとも、長年の信頼できる友人関係だったそうです。辻上さんは澤さんと和合変化するとすべての番号が変わるので、すこし平常心を乱されるかもしれません。まあ干合は恋のマジックですから・・・。

干合でかなり惹かれあうお二人なのですが、領域図はばらばらです。夫婦としてこれは・・・です。この距離は、信頼できる友人同士としてなら○ですが、夫婦となると、スレ違いすぎです。形は二人共鋭く細く、なんとなく似ているんですが、あっちこっち行ってまとまっていません。これは懸念点です。では、和合変化を辿りましょう。この場合、干合しすぎるので、まずは干合しやすい澤さんの8番と辻上さんの33番を変化させてみます(左から2番目の図)これは刺激恋愛型で、澤さんの鋭い領域図を辻上さんがこれまた鋭い領域で刺す形です。これで恋愛っぽくなりました。それから、もう一つの干合53番も変化させてみたところ、これはだいぶいい感じになりました(右から2番目の図)鋭い澤さんを広くなった辻上さんが大きく包み込む形。これが一番でしょう。ちなみに辻上さんの52番をベースに変化させると、これまた離れてしまって、干合の意味をなしません。

これは、澤さんが変化することにより、辻上さんも変化していくので、澤さんにかかっている干合です。しかし干合後の領域は一過性のものであって、儚いので、持続性に欠けます。ですから、愛が覚めると、元の領域にもどるので・・・友達夫婦のようになりかねません。この場合、子供が二人の橋渡しになるわけで・・・。お子さんが二人を繋げることになりますから、ぜひ赤ちゃんを産んで家庭を作っていただきたいものです。

相性自体はいいです。しかし子丑と戌亥は長い時間一緒にいるとすこし合わないところが見つかってきます。恋愛よりは友人の方がよかったりもします。これは、努力次第ですね。

個々の宿命ですが、澤さんはダブル石門星+天将星の親分スターの宿命。やはり、まとめ役や集団のリーダー、社長タイプの人は必ずこの組み合わせを持っています。サッカーはチームワークですから、この宿命が生き生きと光っています。これは、家庭に入って専業主婦などしてしまうと宿命が悲鳴をあげます。常にスポーツ、仕事で汗を流し続けたほうがいいでしょう。辛未は強い意思と根性の持ち主で、忍耐と努力で困難を乗り切っていきます。人前でにこにこと微笑んで、裏で汗を流す努力をします。独特の美学と哲学を持った精神性の強い人です。どちらかというと競争の世界よりは精神向きなので、勝ち負けにこだわらない、高い精神性を持った哲学も彼女の根底にはあると思います。

天胡星もスポーツ選手に多く、ストイックな完璧主義者で、頑張り抜くところがあります。天胡星を持つ人の仕事はどこかヌケを許せません。この「完璧」さで自分を追い込んでいきます。

辻上さんは乙卯。忍耐力のあるめげない草で、性格は明るく協調性もあり、堅実に生きようとします。努力型というところも澤さんに似ています。安定感があり、内部に頑固さがあります。自分の信念は曲げません。宿命大半会をもっているので、この人もまとめ上手です。思い切ったところがあり、やるといったらなんとしてでもやります。攻撃的な面もあります。二人とも、リーダータイプですね。彼は非常に神経が細やかでデリケートなところもあるので、付き合うのは難しい面も出てくるでしょう。頼れる「妻」が必要になりますね。

運勢ですが、結婚した2015年は澤さんの追い風の時。家庭「同」は新しい居場所が出来る時。でまさに結婚という新生活でした。辻上さんはすこし要注意。大運天中殺に入っていて、運の流れが荒れるとき。そして大運半会がふたつと、2015年は家庭「大半会」。宿命にも大半会があり、半会過多。気持ちが膨れ上がりすぎて、これは破裂してしまいます。すこし、気持ちが大きくなりすぎてしまう時です。そこで気が膨れての、結婚。です。これだけ半会と大半会が重なると、冷静な判断が狂います。気持ちはどんどん盛り上がり、最後には爆発します。来年も「大半会」が仕事に来ているので、まだまだ気持ちの盛り上がり過ぎで危険です。調子に乗っての失敗が重なりやすい時です。イエローカードです。2017年から、この暴走に歯止めをかけるかのように、半会を壊す「冲」がきて、運が乱れまくる節運が来ます。ちょっと、心配ですね。

運勢的には、澤さんは安泰で辻上さんがすこし異常だったので、辻上さんの状態が心配ではあります。

結婚生活は運をシェアしていきます。お互いがカバーしあえたらいいのです。すこし厳しい年回りがきそうですが、なんとか二人で乗り越えていただきたいものです。あとは、領域図の離れ具合が気になります・・・。このふたりは結婚✖に近い△、恋愛○、友情◎といった感じです。

こうして見ると、いかに運勢で人間の判断力や思考が変わるかがわかります。結婚は相性より、個々の宿命と領域図、縁とタイミングが大事です。タイミングですべてが決まるといっても過言ではありません。しかし、そのタイミングさえ、必然であったかのような結果になるのが算命学のすごいところなのです。