葛藤と才能の星(宇多田ヒカルさん)

宇多田ヒカルさん(ミュージシャン)

44 50 59 寅卯 牽牛星 天印星
鳳閣星 鳳閣星 調舒星
天南星 車騎星 天庫星

※天剋地冲

★~2016/1/24まで中年期の「天庫星」が「天胡星」になっていました。訂正してお詫び申し上げます。

2000年代、最も話題を集めたシンガーソングライターといえばこの人でしょう。音楽一家に生まれ、多彩な才能に恵まれ、ヒットを連発し、センセーショナルな活躍をされました。私生活でも、結婚、離婚、再婚、出産と女性としての生き方をとっても波乱万丈であります。そんな宇多田さんの宿命を見てみましょう。

歌手や音楽、女優など表現関係には欠かせない鳳閣星も調舒星も表に出ています。横一列表現の星です。天胡星も音楽の才能のある星ですから、見事ですね。その横一列の星は五行になおすと、「火」になります。

そして、縦は攻撃と闘争のシンボルである車騎星と牽牛星。この星はサバサバとしていて男勝りなところがあるでしょう。この縦の星は五行になおすと、「金」になります。よって表に出た星は火と金だけで構成されていることになります。この火と金はお互いを消し合いますので、彼女は元来大きな葛藤を持って生まれてきており、自分の中の流れがスムーズにいかず、苦労症であると言えます。

気難しいところやピリピリしたところもあるでしょう。この、大きな葛藤こそが、歌をつくり、表現につながるのだと思います。人に伝えきれない感情や思いが、音楽になり、多くの人の耳に届く。しかし、簡単に歌は出てくるのではなく、生まれつき持った葛藤を経て、生まれるのだと思います。彼女の歌はエモーショナルでどこか孤独感があり、非常に歌心があると感じます。見えない葛藤が歌心をより厚くするのだと思います。

大物に多いと言われる「天剋地冲」も持っています。これも内部葛藤が激しい構造ですから、苦労はつきまとうでしょう。常に変化に満ちた人生になりそうです。長期的な計画は苦手なので、急に何かをやめては、また動き出したり、一貫性はありません。そこで、周りの人は振り回されて疲れてしまうでしょう。家庭的ではありませんし、一風変わった環境ではうまくやっていけるでしょう。その意味では、国際結婚で海外移住は○です。表には出ていませんが、龍高星も持っていますので、海外には馴染めるでしょう。(元々ニューヨーク生まれでしたね)

どうも宿命からは、しんどそうな感じが漂ってます。何か自分との戦いが常に起こっているような・・・。

確かに宇多田さんの曲にはよく「戦い」とか、出てくるような・・・。10代の時の楽曲はただの若い女の子の書く恋愛の世界観とは違い、鋭さを感じますね。

そして宿命干合も持ちます。

32 50 11 辰巳 石門星 天庫星
禄存星 禄存星 司禄星
天印星 龍高星 天堂星

この変身は禄存・司禄星が一気に跳ね上がって引力本能を急増させます。ありとあらゆるものを惹きつけます。宇多田さんの魅力はこの変身でも出てくると思います。

最初の結婚は19歳。才能開花も 早すぎましたが、結婚も然りです。2002年家庭大運「半会」で年運家庭「支合」で見事なタイミングでした。が、すれ違いなどで2007年離婚。この時接運で運期は荒れ、新しい大運に入った時です。新大運の家庭は「刑破」で雲行きが怪しい時でした。

2010年「人間活動に専念」するという告知が話題となりました。2010年は天中殺。こちらもまた見事なタイミング。慎ましく生活するきっかけとしては教科書通りです。

イタリア人の男性と再婚されたのは2014年。これもまた世間を騒がせました。2回目の結婚も年運家庭「支合」でやはり結婚願望が強まる時でした。翌年2015年お子さんを出産されましたがこの時の家庭年運「同」で新たな居場所がみつかるときです。母としての家庭の居場所ができた時でした。

丁未は静かな強運と言われる底力を持ちます。一度決心したことはどこまでも貫くたくましさがあるのも、頼もしいところです。最近出産されましたが、結婚後は子供命になる可能性があるほど子供は大事です。出産されて良かったですね。子供に気を取られすぎるぐらいの人生になりそうです。しかも34歳から20年に渡り子供の星が回っています。タイミング的にも出産は正しかったと思います。子供は「表現」という解釈にもなります。まだまだ表現活動は続いていくと思われます。

今後も宇多田さんの活躍を応援しています。