変貌自在の星(椎名林檎さん)

 椎名林檎さん 1978.11.25

28 60 55 午未 玉堂星 天胡星
禄存星 調舒星 龍高星
天馳星 鳳閣星 天恍星

 ※生年中殺

本日は椎名林檎さんの誕生日(11月25日)だということで、宿命を見てみます。唯一無二の世界観で進化を繰り返す彼女の音世界は、非常に洗練されていて孤高の美学があります。圧倒的芸術性を持つ天才アーティスト椎名林檎さんの宿命を追ってみましょう。

大きな偏りを感じない宿命に見えますが、この方、宿命干合が止まりません。干合というのは男女和合構造で、男女の恋愛初期に有効なものですが、宿命で干合を持つ人もいて、才能に使ったり、危機管理に使うこともできます。林檎さんは宿命干合が1回に留まらず3回起こります。これは、危機が多くなる人生の暗示でもありますし、常に変化した自分が必要な宿命でもあります。彼女は音楽で才能を使っていますから宿命消化しているように感じます。毎回激しいイメージチェンジをされるのも、この宿命ゆえでしょう。本人にとってはとても自然なことです。しかし才能だけで使えばいいのですが、恋愛に使うと、リスクが高いです。干合を持つ人は惚れっぽいところがあり恋愛を引き寄せやすいのです。それが自分のなかで数回起きますから、一度に多くの人を好きになってしまう危険もありそうです。恋愛トラブルが起こりやすいです。

そして特徴は芸術家らしい星ばかり、神経質でロマンティストな調舒星+思春期の葛藤を持つ夢追う色気星天恍星と、中殺された天胡星、直感力が鋭く、霊感を持ちます。アナウンサー的発言権を持つ鳳閣星と、表現の星もクリア。中殺された玉堂星は龍高星的になり、アウトサイダー的思考になります。そして龍高星も中殺されていてこれまたアウトサイダーに拍車がかかります。「変わっているのが」普通の人です。

28番はお人好しでいい人の番号です。心優しく穏やかで愛情にあふれた人。だれにでも親切。人を惹きつける魅力があり人から慕われる。早い自立で自分の流れをつくることが運命づけられている。とあります。しかしこれだけでは、林檎さんのアーティスティックな面は発揮されません。なんとなく、フツーです。そこで、宿命干合で違う自分に変身!です。変身すると、以下のような人になります。しかしこれは仮の姿。虚像の椎名林檎です。

28 24 43 午未 牽牛星 天胡星
禄存星 調舒星 龍高星
天馳星 車騎星 天恍星

※生年中殺

この虚像に変わった彼女は非常にアーティスティックな存在になります。24番丁亥は最大霊感異常干支。これが欲しかったのでしょう。音楽や創作に使える才能番号です。不安定感やリスクもありますが・・・。音楽をするうえでこの番号は欲しかった。そして丙午が出てきます。これは強すぎるぐらい最大の干支。強運が欲しかった。そしてこの虚像番号になると、攻撃性が出てきます。アグレッシブに戦うような星の配置です。ロックをするならこの虚像がいいでしょう。激しさを自分に求めるならこの変化をすると◎です。

そして次の変身は、以下です。虚像その2です。

40 24 19 辰巳 石門星 天馳星
鳳閣星 石門星 車騎星
天貴星 禄存星 天将星

この姿はもう原型をとどめていません。全く違う人です。ここでまた壬午という音楽には最適な才能系異常干支が出てきて、最大霊感No1.no2干支が並びます。ちょっと恐ろしい配置です・・・。まだ、足りないんですかね。この人、非常に貪欲に音楽の才能、霊感、直感力を求めています。変身した癸卯は慈愛に満ちた穏やかな雨です。汚れを嫌い、心が綺麗な人です。それで最大霊感干支ツートップの並びですから、本当にこの虚像の人は、精霊、妖精のように透明な美しい人でしょう。こんな自分にも変身してみたかった・・・。アーティストとしての才能に本当に貪欲です。宿命に意思と戦略すら感じます。この天才アーティストはなるべくしてなったのです。偶然じゃありません。確信犯です。ここで星がガラっと変わります。石門星が2つ出てきます。それまでの彼女はどこか孤独感の美があって、人と戯れないすこし難しい女の子。という感じでしたが、急にヒューマニストな感じになってきます。この星の宿命の人は人間離れした美しさがあってちょっと怖いんですけど。ここでの石門星は女優を意味します。女優的要素も欲しかった。貪欲です。苦笑。そして出てくる天将星。権力も欲しかった。なんてことでしょう。石門星+天将星は社長の組み合わせです。そんな自分も体感したかった。それでもまだ、彼女の変身は終わりません。まだ満足できないのです。

最後の変身です。

40 12 31 辰巳 調舒星 天馳星
鳳閣星 石門星 車騎星
天貴星 鳳閣星 天将星

最後の変身でも石門星+天将星の社長星は変わらず、エネルギーとしては表現力が非常に強くなっています。最後まで、表現ゴリ押しです。乙亥は異常干支ではないものの、特殊才能に恵まれた干支です。未来を予言する霊感めいた才能もあります。

変身は以上です。本当に日常生活でこんなに何回も変身してるかどうかはわかりませんが、変身できる宿命であることは確かです。いろんな自分を魅せるという意味ではアーティストとしてはこの上ない財産になるでしょう。どうしても、この日に生まれたかった「意思」を感じます。

いろんな自分に変身できるなんて、いいなあ、なんて思うかもしれませんが、これは職業で昇華しているからまだいいものも、普通の公務員なんかの人がこの仕掛けをもっていたら本当に大変です。病むでしょう。干合過多の宿命ということは、それだけ人生にリスクが多くなります。そんなリスクが多かったとしても、この才能が欲しかった。のが彼女なんでしょう。ですから彼女の音楽は天性の重厚感があり、まさしく「本物」なのでしょう。

そして、もうひとつ、彼女の特徴は、自我がほとんどゼロというぐらい少ないことです。ロックアーティストなんかには結構多いです。自分の欲望でなく、役割意識で世界をつくる。仕事のできる人です。仕事と捉えないと逆に出来ない。自分の欲望がわからない。だからこそ、人に求められることで、自分の居場所を確保できるのです。そして自我が薄いからこそ、人のために歌うこともできますし、身を削ることも可能です。捨て身の表現者として輝けます。そこが、彼女の魅力です。貪欲な宿命とは書きましたが、本人は全く貪欲ではありません。むしろ、無欲に近い。しかしたくさんの変化をして、色んな自分を見てもらうことで自分の存在を確保できる。だからこの宿命を選んだのかなとも思います。

運勢的には、2004年から心「害」で非常に葛藤があったでしょう。特に、2012年から2014年の節運プラス害、納音、破のトリプルパンチはさぞ苦しかったことでしょう・・・。しかしようやく害を乗り越えての、2014年から新しい運勢周りスタートです。が、午未天中殺なのでスタート明け2年間は天中殺でまた、難しかったですね・・・。が、もうすぐ天中殺も終わります。来年は心「害」のプチ天中殺ですから本当のリスタートは再来年からです!2004年から凝縮してうまく使えなかったはずのエネルギーが伸び伸びと活きていく運気です。半会ふたつの大運になり、気持ちも盛り上がって、伸び伸びとなるでしょう。しかも、2014年から大運天中殺に入りました。ここで益々パワーアップして活躍していただきたいものです。大運天中殺は本当に色々なことが起こります。まだまだ、波乱万丈な人生は尽きそうにありません。その度、誰も聞いたことのないような「本当」の音楽を届けてくださるでしょう。

椎名さんの誕生日だということでここまで検証させて頂きました。今後も椎名さんの才能の開花を期待しています。