闘志ある挑戦者の星(深津絵里さん)

44 50 49 寅卯 牽牛星 天馳星
貫索星 車騎星 車騎星
天南星 車騎星 天庫星

※天剋地冲

今日の誕生日鑑定1/11は深津絵里さんです。実力派女優であり映画「悪人」では、モントリオール世界映画祭最優秀女優賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をダブル受賞されます。このダブル受賞は日本人の女優では歴代8人目という快挙です。役者としても、一人の女性としても魅力あふれる深津さんの宿命をお届けします。

中々特徴ある、個性の強い宿命です。深津さんは線が細くおとなしい内向的なタイプのしとやかな女性、といった雰囲気をお持ちですが、宿命は軍人さながらの闘志ある完璧主義者です。

さすがは数々の賞を受賞された快挙を成し遂げた実力の役者さんといった風格のある宿命で、とことん、役にのめりこみ、妥協を許さず徹底的に立ち向かうストイックな精神を持っていらっしゃいます。負けん気も強く、頑張りぬく人で自分を犠牲にしてでも苦労を厭わないチャレンジャーでもあります。

目立つ車騎星は表に3つも出ていて、激しい闘争心を秘めています。役割意識が強く、目の前に来た仕事に対しては逃げられず真正面から立ちむかう根性の持ち主です。犠牲を選ぶこともあり、人生には苦労がつきものです。わざわざ自分から好き好んで苦労を買うようなこともあります。ですから、深津さんは打たれ強い。打たれることには慣れているので、難易度が高ければ高いほど、燃えるタイプです。

中年期の天庫星は仕事でも趣味でも自分のやりたいことに一途に集中します。納得したことにはとことん尽くし、のめり込んでいきます。集中力もあり、マイエリアを大事にする生き方になります。演技にもとことん尽くせます。のめり込む時の集中力は誰にも勝てないでしょう。

丁未は「静かな強運」と呼ばれる底力を持っています。最後に笑う人とも呼ばれ、強い批判力もあり誤解を受けることもあります。一度決心したことはどこまでも貫くたくましさを持っています。目的に向かう時はすばらしい力を発揮します。

深津さんはひとりで過ごす時間がお好きなようです。そしてまだ独身です。(2016年1/12現在)宿命の配偶者もきちんといて異性の数はかなり多く波乱すら伺えるのですが?深津さん自身が強く男性的な精神を持たれており、しっかりされており依存も依存されることも嫌う本性があるからかもしれません。自分のことは自分でしなければ気がすまない完璧主義なところもありますし、宿命に天剋地冲と害を持ちます。これだけでかなり精神的には敏感になり人と一緒にいるだけでストレスを抱えてしまいます。ひとりの方が気が楽なのです。

女優さんというよりはアスリートのような宿命ですね。常に自分自分との闘いがあります。そんな深津さんを映画監督の三谷幸喜さんは「深津さんは歌でも芝居でもホントにカンの良い人でした。(アドリブも)深津さんは絶対に笑わない。彼女はNGも出さない。もう、鉄の女。絶対に崩れないタイプ」「耳もいいし、英語の発音も完璧。エンディングは圧巻でした」と評しています。「鉄の女」というのは車騎星3つの深津さんらしい表現です。絶対に崩れないのは、絶対に崩さないというストイックな役者魂を持っているからです。この「絶対に」という強い意思を彼女は宿命に持っています。

天剋地冲も害も受け入れ型で、変化のある人生を臨機応変に対処していきながら、生きていく必要があります。女優さんとしての存在感は非常に強く、役になりきる才能もしっかりとあります。苦労に強くなる宿命です。

そして宿命干合もあります。

32 50 1 寅卯 石門星 天胡星
鳳閣星 龍高星 龍高星
天印星 龍高星 天堂星

この変身姿は圧巻です。見事に別人になりました。これは女優さんとしては役づくりに有効でしょう。車騎星は削られ一気に龍高星が3つも表出します。改革・常識を壊す星龍高星は専門分野での知識に異常に強くなります。海外志向にもなりますし、既存を壊す新しいアイディアを生む人にもなります。思考力が柔軟になり、石門星も加わり、仲間を加えて強い自我を身に付ける変身です。一気に専門知識を取り入れるときに必要な変身才能もありました。三谷さんが英語の発音の完璧といっていましたが、英語の発音が大事なときに、瞬間的にこの人物に変身して、専門分野である発音を一気に叩き込んだのだと思われます。

非常に多才な才能が天賦されています。

運勢としては13歳で芸能界デビュー。この時天中殺でした。非常に早いスタートです。スクリーンデビューは1988年15歳。天中殺明けで仕事年運「半会」の上昇期でした。12歳からの仕事大運は「位」で追い風でなんとなくうまくいってしまう時。早くから社会で活躍する人らしい大運です。それから数々のTVドラマ、映画、CMと多方面で活躍されています。

名誉ある賞モントリオール世界映画祭最優秀女優賞受賞は2010年。年運天中殺でしたが、大運心「半会」で気持ち膨らむとき。天中殺というのは一般的にあまりいいイメージがなく、恐れられていますが、こんな立派な賞を付与される方もいらっしゃいます。あまり天中殺だからとビクビクせずに、自信を持って、生きていけばいいのだと思います。ただ、受け身であることは肝心です。引きこもる、とはまたニュアンスが違います。深津さんのように天中殺にも関わらず素晴らしいことが起きる人生だってあるのです。運勢に勝ってしまうぐらいの実力と、魅力を兼ね揃えられた方だからだと思います。

今年2016年は大運も年運も仕事「半会」で、頼もしい活躍が期待されます。2015年からの仕事大運は「半会」となっていて、まだまだ仕事にのめり込んでいきそうです。よって、結婚願望はまだまだわかないかもしれません・・・。

今後の深津さんの活躍を期待しています。