特殊な人間関係を背負って生まれた星(麻生久美子さん)

麻生久美子さん

47 55 55 寅卯 龍高星 天恍星
牽牛星 玉堂星 玉堂星
天堂星 龍高星 天恍星

※律音

今日の鑑定は麻生久美子さんです。透明感ある清楚イメージの上品な正統派女優さんという印象です。本日第2子を出産されたそうでおめでたいですね。前から麻生さんの雰囲気が大好きだったので宿命を拝見してみましょう。

調べていたら、所属事務所が「breath」!!すばらしいシンクロです。思わず心臓が高鳴りました。これは麻生さんの宿命をみずにはいられないでしょう。こういう共時性は本当に嬉しいもんです。

庚戌で律音、しかも戊午2つ。スケールがあって、意外と頑固で強い女性なんですね。頑張り屋で、ファイティングスピリットを持った方です。天恍星2つ×玉堂星があるので色気があって、人を惹きつけます。知的で華やかな印象を与え、人前にたつ仕事には向いています。

律音なので自然体です。嘘や建前が苦手で、芯の強い庚ですが、自然体の美しい魅力で好感度があります。麻生さんは自我が弱く、あまり主体的に人生を動かすタイプではありません。バランス第一で人との和を大事にします。自分にも周りにも嘘が付けないので自分に見合ったスタイルを選んで生きていきます。

母親の影響が強すぎるのが特徴です。宿命図は母だらけ。母の存在感がおおきく、また、母は麻生さんにものすごい気持ちを込めているような感じがします。

実際生い立ちは壮絶だったようで、両親は不仲で、父親はギャンブル依存で家に全くお金を入れなかったりもあったようで・・・(サイトからの情報なので本当かはわかりませんが)両親が離婚すると母に引き取られ育ったようで、生活は貧しく、その生活費の充てにと芸能界のオーディションを受けたらしいです。

たしかに、父よりは絶対母なんですよね。

自分 偏母・偏父・仮子 偏父・偏母
兄弟・仲間
祖母・義母
偏母・偏父・仮夫 祖母・義母 祖母・義母

かなり変わった人間関係配置図です。両親の星が多くて乱れていて、複雑な家庭環境を感じます。母はたくさんいて陰陽混じっていて偏父と偏母は同じ場所。しかも、麻生さんは子供と夫の星がないので、仮夫と仮子です。その仮夫と仮子も両親の場所と同じ場所にいて、数多くの人物が同じ場所に座ることになります。

基本、両親が共存することは難しく、母と夫、母と子供の同居も難しくなるので核家族で子育てしていくでしょう。

仮夫と仮子で無事結婚して子供も2人出産しているので、仮夫だから結婚できない、仮子だから子供運がないというのは間違っていることが証明できます。

実際、麻生さんはそこまで夫を求めてないし、結婚願望も強くなく、子供願望も弱いとは思います。

が、両親が不安定なので、その不安定な両親の場所をうめる存在は「仮」ですが、夫と子供なので、そこを夫と子供で埋めることにより精神を安定させているというのもあると思います。

前に出る星が一切ないですから、積極的行動力は生まれにくく、自分から動くのでなく、必要なものを引き寄せるカリスマです。専門分野に秀で、女優としてもすばらしい才能になります。愚痴や弱音を嫌うストイックな人で、依存もせず、淡々と自分の仕事を冷静にこなしていきます。

知識欲も強く博識で理性的、頭が良くクールで上品。人からは信頼されるでしょう。

依存を嫌い、愚痴も言いづらいので結構ストレスはためやすいとは思います。

結婚は2007年、大運天中殺中で、司禄星が回っていました。家庭願望が強くなる自然な時です。2008年は納音、2009年は害が続いていたので、新婚時代は苦労も多かったでしょう。お相手の伊賀大介さんとの相性も気になりますね(次回してみます)24歳から33歳までが仮夫の宿命である麻生さんの結婚のチャンスでした。(干合相手が回っている)この時期に無事結婚されていますね。

子供の星が回るのは44歳から20年。この時期は子育てに表現活動に忙しくなります。

現在は心も仕事も家庭も半会で、大盛り上がり中です。大運天中殺は下降期に入っていますから無理は禁物です。2022年から害、2032年から冲と、ストレスが多くなり、変化も多いので人生観が変わりやすいです。宿命も特殊ですしね。

今後の麻生さんを応援しています。