才能を活かして生きる星(岡本真夜さん)

47 2 50 寅卯 調舒星 天庫星
石門星 調舒星 調舒星
天堂星 司禄星 天庫星

今日の誕生日鑑定は岡本真夜さんです。シンガーソングライターで、多くのヒット曲を世に送りました。大ヒットとなったデビュー曲「TOMORROW」は岡本さんが若干18歳の時にかかれた曲だということで話題を呼びました。私生活では結婚され、お子さんもいらっしゃいましたが、2015年12月31日のブログで、2年前に離婚していたことを公表されています。そんなニュースがありましたがまずは岡本さんの宿命を追ってみましょう。

さすがはシンガーソングライター。溢れるほどの調舒星が光ります。表現本能は非常に強く、何をしていても曲が勝手に生まれてきてしまうでしょう。かなり神経も過敏で繊細な感受性の持ち主です。人の痛みにも敏感になり、その優れた感受性からたくさんの音楽が生まれてくるのでしょう。

庚戌は表面は物静かながら、内面に強い意志を秘めた人です。どういう状況下にあっても、周りの言動に左右されない、芯があります。自分の主張は通していき、理知的で前進への努力は惜しみません。底力があり、闘争的で攻撃力を内に秘めています、自分を律して、地に足のついた自分を作っていきます。

岡本さんは両親の離婚により祖父母の養女となり、人見知りが激しく、恥ずかしがり屋だったこともあって、小学生・中学生時代にその事でいじめを受けたといいます。この神経過敏な宿命でいじめを受けてしまったら、こんなに辛いことはなかったでしょう。ただでさえ傷つきやすく涙もろい人が、親の離婚で養女でいじめというのは、苦悩の幼少期と思います。

高校卒業後、反対する祖父母を押し切り、家出同然でアーティストを目指して上京されます。この早い自立心は、岡本さんの生い立ち、幼い時の環境もも関係していることと思います。初句大運天中殺のスタートなので、早い自立であればあるほど強運を掴めました。孤独と引換に得た才能と強運だったのだと思います。

デビュー前、事務所から、作詞・作曲を100曲出来たらデビューをさせると条件を出され、100曲に満たなかったが40曲の作詞・作曲を成し遂げられました。デビューは21歳ですから、その若さで才能を発揮されたことになります。

写真撮影も趣味ということで、これも宿命に合っているなと思います。調舒星はアーティスト、職人の星でもあります。ありあまる感性を多方面で活かすには、写真もいいと思います。完璧主義のところもあるので、作曲にはかなりこだわりがあるでしょう。それゆえに人とぶつかることもあると思います。

宿命に「刑」が2つあり、尖った気持ちもありますし、問題をひとつひとつ解決していき、細かい気遣いもできる人です。

そして宿命干合もあります。

47 38 50 寅卯 調舒星 天庫星
石門星 調舒星 調舒星
天堂星 石門星 天庫星

この変身は自分自身は変わりませんが、一番大きな変化は、六親図から夫が消えることです。そしてそのかわり自分と仲間が大きく増えます。石門星は女優的意味もあり、違う自分に変身することで自我を拡大します。そのまま、仲間を増やすという意味もあります。夫が消えて、自分と、仲間が増える。

干合すると、夫がいなくなる。自我と表現数値が増えて、自分のやりたいことをとことんやる構造になってきます。

運勢としては、デビューの1995年は強運の大運天中殺中で仕事も追い風の時です。うまくチャンスを掴まれました。運もですが、もちろん、実力で、です。2000年に結婚されています。この時家庭「納音」年で、衝撃年とも言われていますが、大きく流れが変わるにふさわしい年でした。お子さんも生まれています。まさに大変化の年でした。

しかし去年大晦日のブログで2年前に離婚されシングルマザーになられていたことを公表されました。2015年の2年前ですから2013年です。見事に節運の運気大荒れの時です。岡本さんのコメントによると、「私が仕事(音楽)に対してやりたいことが増え、お互いの愛情のバランスがとれなくなり、話し合いの結果、離れることにしました」とおっしゃっています。

仕事でやりたいことが増え、ということで運勢を見てみますと、なんと2013年は新しい大運が始まる年で、仕事も心も「半会」で、大きく仕事面で飛躍できる10年が始まるときです。カンの強い岡本さんらしく、ご自身の運勢も先読みされていたのかもしれません。そして2013年は年運仕事「大半会」です。仕事場で大活躍の兆しある年だったようで、家庭とのバランスが崩れてしまったのかもしれません・・・。

確かに、この10年は家庭より、仕事に向かう運勢にはなっています。しかも才能を生かしてこその岡本さんの宿命ですから、音楽をもっと突き詰めたいという気持ちは当然でしょう。そして天庫星2つの宿命は「一生で2度の人生を生きる」といわれ、中年期にガラリと人生が変化するとされます。離婚もあります。

そして岡本さんの宿命には隣の大事な場所(精神)に夫がいるのですが、現実の場所にはいません。そして干合すると、夫は消えてしまいます。これが大きな要因でもあるでしょう。しかし子供の場所は大きく確保されていて、子供の存在はかなり大きいものです。

節運のときは、色々な思いがめぐりますし、色んなことが起きます。どうしても運が揺らぐので不安定になる時です。

そして今の大運では、少なかった火性(闘争心、自己犠牲的にがんばる力)の数値が急上昇しています。これは、子供の為にがんばる時です。誰かの為に人生を生きる大運が今まさに繰り広げられていますし、岡本さんはそれを選ばれました。

なんとなく、自分の宿命を肌で感じ、先見の明を持たれている勘の鋭い方だなと察しました。

今後も岡本さんの活躍は期待できそうです。今後の岡本さんにも期待しています。