忠誠心のあるカリスマの星(きゃりーぱみゅぱみゅさん)

きゃりーぱみゅぱみゅさん

47 50 9 寅卯 鳳閣星 天禄星
龍高星 玉堂星 貫索星
天堂星 調舒星 天庫星

先ほど二階堂ふみさんの鑑定をしたのですが、たまたま、きゃりーぱみゅぱみゅさんの宿命を見ていたら、二階堂さんと同じ「庚戌」だったので、今後はきゃりーさんの鑑定に入ります。

やはりこの方の音楽で若くして大活躍しているだけに、二階堂さんと同じ、底力ある「庚戌」で、身強の自我強でした。天将星すらないものの、職人気質の落ち着いた天禄星が若年期にあります。二階堂さんの自我55パーセントには叶いませんが、きゃりーさんも自我39パーセントと中々のツワモノ。害もないので、しっかりとブレない安定感は彼女の方があります。

主星は玉堂星で勉強のできる、言われたことを着実にこなすいい子という感じです。表現の星もしっかりもっていて、溢れんばかり。調舒星は完璧を求めるので、自分が納得するまで妥協しません。アナウンサー的鳳閣星も持っており、発信者としての素質は十分にあります。

ここまでカリスマになれたのも、運勢要因と宿命も大きく関係していることでしょう。

彼女は禄存星と司禄星をもたない人。専門分野でカリスマになるスペシャリストの宿命です。引力があり、必要なものを勝手に引き寄せてしまいます。理解力が弱く、共感性が低いことがマイナスポイントです。しかし、彼女の引力に惹かれ、たくさんの人がファンになるでしょう。

きゃりーさんはマルチにいろいろこなすより、一芸に専念するべき宿命です。歌なら、歌を極めるのが宿命に合っています。

二階堂さんとまた共通点があって、となりに子供の星があることです。きゃりーさんも子供がいないので、表現欲求になります。二人とも、表現せずにはいられない宿命なのです。

違う畑ですが、若くして大物同士、なんだか似ていますね。

きゃりーさん、大運初句から仕事「大半会」で強運スタート。早くから夢が芽生える心支合ですから、若くしてチャンスを掴みやすい運勢になります。移動条件で3旬からの強運圏です。

読者モデルを経て、2011年にワーナーから正式にデビューします。まだ5年前のことなんですね。そう思うと、たった5年できゃりーさんがものすごい活躍をしていたことがわかりますね。2011年、天中殺でのデビューでした。ヒットしやすい運勢の蓋が外れてのデビューです。翌年は仕事「大半会」がきていたので、天中殺での爆発ヒットの流れがいい感じで流れたと思います。

すべてが順風満帆に見える彼女、しかし2011年からの仕事大運は「害」で、そんな風に思えません。

大活躍の最中にいる彼女ですが、まだまだ「害」の運勢の中です。実は心では大きく葛藤があったり、思うようにいかない、自分の本当の意見が通らないジレンマを抱えているか、多忙ゆえのストレスも相当抱えていることでしょう。

害の時は流れに身を任せたほうがうまくいきます。自分のエゴを通す時ではありません。独立も×です。

きゃりーさんは事務所に忠実に、忠誠心もって、仕事をこなしているんでしょう。信頼できるプロデューサーに師事していることも、害の運勢には適している時です。

2021年からまた仕事運が追い風になりますが、気になるのはデビューが天中殺だったこと。そう思うと、きゃりーさん名義での活動は、そう長くは続かないかもしれませんね。

2021年、28歳からは律音の10年。新しい自分に生まれ変わる時です。この時、新たなきゃりーさん出現の可能性が出てきます。全く新しい活動をする可能性もありますし、結婚という可能性も大いにあります。

まだまだ強運圏にいますから、活躍は期待できるでしょう。28歳からの新たなきゃりーさんを見るのも、楽しみです。