強運をテニスに捧げた星(錦織圭さん)

60 13 6 子丑 車騎星 天報星
石門星 貫索星 司禄星
天将星 司禄星 天禄星

※生月中殺 天剋地冲

今日の誕生日鑑定12/29は錦織圭選手です。最近女性の鑑定が続いたので、久々に男性です。錦織選手の活躍ぶりはもはや説明不要ですね。日本人を代表するアスリートの宿命は興味深いものです。錦織選手の強さの秘密を覗いてみましょう。

月殺に天剋地冲に、中々激しいものをお持ちです。月殺のアスリートは多いですね。心が砕かれている分、なにかに集中すると、すさまじいのめり込みができます。臨機応変に反射神経のいい対応ができる天剋地冲も持ち、スポーツでのテクニックは持って生まれた才能としてもすばらしいです。

天剋地冲も月殺も苦労がにじむ宿命で、心は常に空洞感、普通に生きていると人とズレる難しさがあります。しかし、これだ!というものを決めたら強いのです。心の空洞を埋めるものがあれば誰よりも光ります。

そういう意味で、錦織選手には5歳からテニスという打ち込む世界があったのは救いでしょう。

打たれることにはなれていますから、逆境にも強い。定まった心は最初から持つ必要もないし、定まれないので、心は常に自由で、その時その時でベストな生き方を選びます。それは、試合にも活かされることでしょう。

テニスのことは全く無知ではありますが、錦織選手が向かう世界として正しい世界だったということは明確です。

天将星と天禄星をもつハイパワーです。星は中殺により意味が反転します。貫索星中殺は定まった自我が持てず、人との距離感で苦労必須ですし、司禄星中殺は落ち着きのない人生になり、得たものをとどめておけない苦労を経験します。(お金・物質面)安定を最初から嫌う本性があります。

天禄星中殺は大胆な冒険心です。衝動的行動で、かなり多忙になったりします。これは普通に生きていると失敗しやすいのですが、試合での動きになると、プラスに働くのでしょう。

癸亥は干支番号60番で最後の干支です。忍耐力に富んだ努力家で、周りからいじめられても少々壁にぶつかっても音を上げずに耐えてぶつかっていきます。自分の考えに人を巻き込み、人から好かれやすく幅広い人間関係を持ちます。本来主役よりも名脇役という位置で存在感のある人になります。今はもちろん主役の活動期ですが、晩年期にはそうなっている可能性が高いです。

運勢は初句大運天中殺。早くも強運の流れです。26歳まで日座が回っており、才能天賦となります。5歳からテニスを始めた錦織選手の才能は強運の波に乗ってどんどん上昇していきます。

2003年スカウトにて留学決定。14歳。年運結果「大半会」の大盛りの時でした。プロ転向は2007年。年運仕事「冲」で流れが変わる時です。2009年の怪我は天中殺の時でした。宿命中殺+年運天中殺ですから油断大敵な時でした。2010年に復帰するものの仕事は「害」でストレスは相当あったでしょう。しかし怪我を乗り越え、2011年日本人男子歴代最高ランクになりました。2015年には世界ランク4位に輝き圧倒的な強さを誇ります。

今年は接運で、大運が新しく切り替わる年です。今年から10年、仕事は半会で盛り上がります。その後も、仕事場では散法がありません。これは晩年まで順風満帆に仕事面で活躍できるという暗示です。2035年ぐらいまで、自我も強く、錦織選手の主体性で生きていくことが可能です。

67歳からは大運仕事「律音」が周り、新しい自分になる時がやってきます。晩年の錦織選手にも期待大です。

生まれ持った強運と運動神経のセンスを見事に生かされ、なおかつ日々努力を怠らず自分の宿命を遥かに上回った実力者の錦織選手。今後の活躍も応援しています。