安定を打ち壊す改革の星(勝間和代さん)

勝間和代さん(著述家、評論家等)

55 1 45 子丑 貫索星 天胡星
石門星 司禄星 貫索星
天将星 車騎星 天報星

※生月中殺 天剋地冲

今日の誕生日鑑定12月14日は勝間和代さんです。たくさんの著書で知られ、最年少で会計士の資格を取られた(旧試験制度)ほか、内閣府男女共同参画会議議員、同会議「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に関する専門調査会」専門委員などスケールの広い範囲で活躍されていました。

ひとりの女性としても、3人の子供を生み、2回の結婚・離婚を経験されています。まさに、アグレッシブな現代的女性の生き方を送っている方でしょう。2015年には麻雀のプロ団体、最高位戦日本プロ麻雀協会のプロ試験に合格されていて、非常に多彩な方です。

戊午は表面は穏やかで柔らかい印象ですが、内面に静かな強運をもっていて、とても個性的な人です。土壇場の剛運で粘り強い。子供の頃から頭の回転がいいです。肉親縁は薄いが、欲や邪念に打ち勝って仕事に精進していると、組織にあっては長となり、時に天下国家を率いる大器の人物にもなりうる。というかなり大物な文面です。頭脳が運勢をあげるので、色々な分野と知識を身につけるほど運の強さが発揮されていく、とあります。まさに、勝間さんの生き方そのものです。

このように、宿命を活かした生き方をしている人というのは、算命学の文言がピタリと当てはまります。宿命を活かし、自分らしく生きること。これが出来ている人は本当に少ないです。勝間さんは早くから自分の特性に気づかれ、日々努力を惜しまず、個性、才能を伸ばして行かれたのでしょう。

まったく同じ誕生日でも、宿命を活かせていない人は、まったく占いが外れていると感じることがあります。それは、占いが当たらないのではなく、本人が宿命を活かしきれてないだけなのです。宝の持ち腐れで、本当の力に気づいてないだけなのです。

リーダーシップもあり(天将星+石門星)、安定感のある大物になりえます。常に王道をいき、正論を吐く人。志を大きく持って夢や理想に向かっていく気概が必要です。強運ゆえに小さな幸せに恵まれないこともあります。離婚も2回経験されています。勝間さんは配偶者中殺でしたから、どうも夫との付き合い方には手を焼かれたみたいです。宿命天剋地冲も持ち、不満には強いのですが、元々、小さな家庭のなかで安穏と過ごすような人じゃありません。安定を壊し改革していくのが天剋地冲の本能ですから、落ち着いた家庭生活は、難しかったでしょう。その上配偶者中殺ですから。勝間さんが男性だったらまだ、大丈夫だったかもしれませんが。勝間さんは影響が強すぎますし、まず、安定を好まない構造自体が結婚生活に向いていません。しかし結婚生活から経験されたことも今の勝間さんに生きているのでしょう。

生月中殺もあり、コントロールは簡単ではありません。かなり激しい一代運ですから早い離郷が大切になります。中殺される星は司禄星。これは、落ち着きを欠く仕掛けで、安定を壊します。まっとうな家庭を築けないリスクもあります。車騎星中殺は、無謀な行動力、こちらも落ち着きがなく、大胆で激しい行動力につながります。天報星中殺もまた変化変転に拍車がかかります。絶対に落ち着かないため、日々改造・刷新する生き方です。周りの人はついていけなくて、苦労しそうです・・・。

しっかりとした自我があり、激しい行動力を持つ大物といった風格で、説得力のある人です。あれだけの著書が発行できるのも納得です。

運勢的には、2006年独立~著書を開始。とあります。この時仕事大運「同」で、新しい環境出現の時でした。年運で見ても追い風の時。2010年からは自分のエネルギーがかなり上昇しており、ますます自分が主役の人生になりそうです。2030年までは、ほとんど自分とその仲間です。主体的に生きて、やりたいことを思い切ってやれる時が来ます。勝間ワールド全開になりそうです。仕事運としては、老後まで散法がなく、流れのままいい感じで動ける追い風の運勢です。

仕事に生きるたくましい女性、勝間さんらしいパワフルな宿命でした。