天中殺で再スタートをはかる星(高島礼子さん)

高島礼子さん

12 8 41 申酉 石門星 天南星
玉堂星 禄存星 司禄星
天極星 車騎星 天印星

※日座中殺

つづいて高島礼子さん。先ほど、高島さんの離婚ニュースが入ってきました。タイムリーなので鑑定します。離婚原因はもちろんあの事件ですが、その他要因、運勢検証もしてみます。

天中殺で結婚に踏み切る人もいますが(最近では渡部篤郎さんなど)、逆に離婚に踏み切る人もいます。

騒動渦中の高島さんですが、宿命を見ると、申酉天中殺。見事に天中殺中の離婚となりました。しかも家庭は「害」。運勢通りに病む結果となりました。離婚、致し方なしです。

しかも結婚の1999年はお相手の天中殺のタイミング。条件が揃っていますね。

高島さんは乙亥日座中殺。技芸、一芸に秀でる方が多い品格ある宿命です。特殊な才能を持ち、それを活かした世界での活躍が自然な生き方です。芸能界では日座で活躍する人が多数います。

頭も非常によく、縦関係に強い。協調性もあって、組織の中でも十分にエネルギーを発揮できます。愛される天印星もあって、知性と愛らしさを持つ魅力的な人です。

夫は正干でなく偏夫ですがとなりにいて、精神的影響が一番大きくなります。それゆえに今回の事件は本当にショックだったでしょう。精神に夫はいますが、現実にはいない形なので、実際結婚生活が順風満帆だったかどうかはわかりません。お子様はいないようです、乙亥は後継者が出にくい干支ともいわれています。

高島さんは自我が強く、主体的に人生を稼働させることができます。その反面、守りの本能も強く、打たれ弱い面があります。この事件で一気に保守本能が働いたでしょう。

今年、来年と続く天中殺は本人としても苦しいものになると思いますが、高島さん本人は、社会でも非常に活躍なさっている方なので、このままのペースで活躍していただきたいです。

相性を見てみると、お相手は乙巳の日居中殺。二人共、うまく家庭を形作れない業を持ちます。そんな二人が結婚したということもある意味運命なのでしょう。しかも運を止め合う納音縁で天中殺相性も真逆の方向でブレーキを掛け合う相性。総合相性も半分以下でかなり悪かったです。その上天中殺での結婚でしたから、うまくいかないながらもなんとかやってきたのでしょう。

しかし、うまくいかない状態でのしわ寄せがこういった形でやってきたのかもしれません。相性というのは、本当に深いものです。しかし、納音夫婦は困難を乗り越えられるだけの強縁も持っています。難しいというのも本当のところです。

高島さんは家庭運は日座中殺の宿命として、難しいものがあるので、才能で生きていく方向性のほうが自然です。

今後の高島さんの活躍を祈っています。