圧倒的オーラの超人の星(角川春樹さん)

58 38 18 子丑 貫索星 天極星
貫索星 鳳閣星 玉堂星
天禄星 貫索星 天印星

※生月中殺 大半会×3

今日の誕生日鑑定1/8は角川春樹さんです。角川書店を始め、映画監督、映画プロデューサー、俳人、冒険家など圧倒的存在感で多方面で活躍されています。宿命ももちろん、タダモノではない異様なニオイが漂っています・・・。言葉で表現するのも難易度が高い、角川さんの宿命に、思い切って踏み入れてみましょう。

強烈な人の宿命というのは、命式を見れば、一目瞭然です。こんな強烈な日をわざわざ選んで生まれてくるのですから、相当覚悟のある人なんでしょう。

「辛」天干一気格で、宿命は大半会3つの大三合会局。これだけで非常に特殊なのですが、他にも仕掛け満載で、鑑定に疲れる命式です・・・。自我強で取得ゼロ(禄存、司禄星がない)のは自分のしたいことだけを徹底的にするカリスマの人生です。自我の圧倒的な人なので、パワーが有り余るため、ひとつのことを専念するだけでは不完全燃焼でしょうから、興味のある分野はどんな分野であっても、とことんのめりこむスペシャリストになります。興味があることが大事です。興味のないことには見向きもしません。

豪快な子丑天中殺で、明るい未来を夢見る人です、大三合会局は、ただでさえエネルギッシュなまとめ役「大半会」が3倍ですから、激しすぎるほどの勢いと攻撃力を持つ人になります。スケールの大きさは常人には理解できない次元を行っていて、ちょっと、普通の人の感覚ではついていけないでしょう。意思も強く、非常に頑固でワンマン肌、しかし根は純粋で傷つきやすい脆い面も持っています。

人の忠告などは耳に入ってきません。自分の道が限りなく常に見えています。が、生月中殺があるために、アンバランス感が否めません。やればやるほど空回りする難しい中殺があるために、無力感を感じることも多々あったでしょう。

学生時代は剣道部、ボクシング部にも所属され、その本能的闘争心をスポーツで消化してきたことになります。それでもまだまだ溢れる自我数値、闘争心、攻撃力は持て余すでしょう。大学卒業後は栗田書店と創文社に入り、半年ずつ修業。かたわら新宿3丁目でスナック「キャッツアイ」を経営し、昼はサラリーマン、夜はバーテンという二重生活を送るあたり、溢れるエネルギーを見事に分散して生きています。常人では狂ってしまうような多忙な人生も、角川さんは自然で丁度いいのでしょう。

しかも私生活もど派手で尋常ではありません。海外の話でも嘘のようですが、れっきとした日本男児の話です。角川さんは5人の女性との間に6度の結婚歴(5度の離婚)があり、最後の妻(現妻)はなんと40歳年下の若妻です。現在角川さんが74歳ですから、奥さんはなんと34歳。この私生活のエネルギッシュさも、さすが角川さんといった感じです。

これだけ結婚離婚を繰り返すとは、よほど配偶者の星を持つか、異性要注意の宿命か、と思っていましたが、異性運はいたって普通。しかも、異性の乱れも六親図にはありません。中殺もされていなく、正妻がひとりポツンと仕事場に座っているだけです。六親図での人物はほとんどが自分(角川さん自身)が占めていて、自分のオンパレードの中にひっそりと奥さんがいる感じです。

これでは、奥さんの場所があまりに弱すぎます。まず、角川さんのエネルギー自体が強すぎるので、このエネルギーに打ち勝てるような配偶者を探すだけで一苦労です。ほとんどの人は角川さんのパワーに負けるでしょう。その上、奥さんの居場所は少なく、ほとんどが自分で埋め尽くされた角川ワールドの中で、生きていくには辛いものがあります。そんなわけで、角川さんの歴代妻は何度も変わっていくさだめになったのでしょう。最初から、尋常でないパワーの角川さん顔負けの奥さんでしたら、落ち着いたかもしれませんが、そんな人、滅多にいません。最後の奥さんとの相性も中々気になるので、別枠で今後取り上げます。

角川さんには数々の伝説があり、自分自身のことを「世界最強の人間」と自負しています。占い師としては、まあ、そうでしょうね・・・といった感じなのですが・・・。さすがです。

それから、宇宙人を見たり、天狗を見たり、超能力者で未来予知能力を持ったり、尿道結石で入院中の手塚治虫氏の手を握って治したり、2.5kgの木刀を9時間かけて3万3100回振ったり、太陽が2つ出ているのを見ることがあり、関東大震災を止めたのも自分だと豪語したり、武田信玄、天武天皇、神武天皇、ヤマトタケルの生まれ変わりを自認したり、弟には才能が無いと語り、映画『蒼き狼』では弟を冒頭で殺していたり、、、、

超人であることは間違いありません。

超能力というワードは意外でしたが、宿命中殺と天極星がからんでいるからかな・・・と思います。あとは激しい思い込みがある方なので、思い込みの力もあると思います。

中殺された星、天印星は他人を感化する力、周りの人に与える影響力は中殺を受けてずっと大きく拡大します。自分の周りの人達を知らぬ間に巻き込んでいきます。ワンマンでわがままで、頑固で闘争心旺盛な角川さんがそれでも愛されるのは、この星の多大なエネルギーゆえでしょう。

仕事では散法が晩年までありません。死ぬまでの活躍を約束されています。しかも、長寿の強運も持たれており、まだまだ何十年も角川さんは戦っていかれます。

今後の角川さんの活躍を応援しています。