カリスマのような美しさの星(りょうさん)

50 50 49 寅卯 石門星 天禄星
龍高星 龍高星 貫索星
天南星 貫索星 天南星

※律音

今日の誕生日鑑定1/17はりょうさんです。誕生日鑑定遅れていますが地味に続けていきますのでよろしくお願いいたします。最近個人鑑定が多忙につき更新が遅れ気味でしたがだいぶ落ち着いてきたので、更新頑張ります。

りょうさん、かなり特殊な宿命です。律音で自我強。あふれる自我は全体の74パーセント。圧倒的自我です。平均自我数値が20なので、3倍以上の自我を持って生まれてきました。エネルギーも安定、職人の天禄星と、エネルギッシュな前進、批判力の若い天南星が2つですから、現実に強い。しっかりとした方です。

74パーセントも自我があると、威圧感があるのですが、りょうさんは透明感の方が勝ちまったく威圧感を感じません。これはりょうさんが「癸=みずのと、水陰」で、水のエネルギーを持った人だからでしょう。水性の自我は表には現れにくく、さらりとさわやかな印象を与えます。そこがりょうさんに魅力につながります。

「りょう」いう芸名も元々は「涼」としていたようで、「涼しげな女性」に憧れていたという理由からとのことです。水性自我74パーセントはまさに「涼しい」印象です。宿命に添う芸名だなあと感心します。

水性は知性という意味もあって、りょうさんが知的に見えるのもこれが所以しています。水は色気も意味します。あふれる知性と色気を人並み以上に恵まれています。まさにモデルは最適です。

気の数値の偏りは激しく、ほかの星を捨ててまで、圧倒的な自我が欲しかったわけです。りょうさんには表現と取得の星がありません。(調舒星、鳳閣星、禄存星、司禄星)これは前へ出る構造になりますが数値としてはゼロです。

表現の星がないから表現できないというわけでなく、個人感情が表出しにくいということです。先日の多部未華子さんもそうでしたが、表現の星を持っていない女優さん、俳優さんは多く、自分の感情がでないのですんなり役に入り込めるので女優には向いています。人の依存を嫌う自己完結型で愚痴なども嫌い、感情的になる自分を好まないのでクールな印象を与えます。

司禄星・禄存星は引力・取得の星ですがこれもない。だからといって引力がないというのは違います。むしろ初めから十分与えられているため、必要以上に取得する必要がないからという理由での、取得ゼロなのです。これはカリスマを生む宿命で、専門分野でスペシャリストになりうる人です。

自我がほとんどで、存在感、自分というブランドで生きているという生まれついてのスターのような人です。

癸丑がふたつ。これは律音で、癸丑の意味が強調されます。癸丑は外柔内剛型。物静かで性格ものんびりしています。明るく一本気で長くつきあえる友人も得られる。土壇場に追い込まれると猛然と反撃し、辛辣な言動になって現れる。その荒々しさは類を見ないほど。外面は若々しいが、内面は老成している。子供でも妙に大人びた考え方をする。自分の好き嫌いで行動していく。若い頃の鍛錬が後生の人生を価値付ける。とあります。

天南星もありますから批判力や観察力も十分あり、芯は強く、しっかりした前向きな気持ちを持っています。気持ちは若く、上へ上へ目指します。

責任感や役割意識が非常に強く持っています。過度な干渉や考え方の指図などには反発を見せます。怒りに火がつくと、止めようのないくらいの怒りとなって爆発することもあります。

宿命に2つの「合」をもつので、自分が決めたことはやらないと気がすまない。執念のようなものがあります。好きなことをするというのが大原則です。

りょうさんの領域図は非常に細い一本線です。下図をご覧下さい。

赤く引いた線が見えないぐらい、ちいさな領域図です。これはかなり専門分野を掘り下げた生き方でないと苦しみます。これだけレアな領域図なので、気の合う人もそうそうできないでしょう。ちなみにりょうさんはBRAHMANのトシロウさんとご結婚されていますね。相性が気になるところなので、後に見てみますが。

貫索星と石門星が重要で、頑固で、守り意識が高い人です。領域図もかなり狭く、人の好き嫌いが激しくなります。何かを守ることが役割です。

運勢は初句律音で、特殊型。はやい才能開花のスタートです。15歳でスカウトされ活動開始です。年運仕事「半会」でいいタイミングでのデビューでした。移動条件で3旬からの強運期です。

私生活では2003年に結婚。この年運は結構衝撃的です。家庭と心が衝撃変化の「納音」で、仕事は「害」合法宿命のりょうさんにとっては、散法は痛いものです。納音は今までの自分を変化させる意味もありますから、そういった意味での「結婚」だったのでしょう。

2007年お子さんがうまれています。この年は接運で新しい運期に入った時です。この年から家庭も心も大運「半会」となっていて、心盛り上がる様子がわかります。2012年にも次男が生まれています。

りょうさんにはお二人お子さんがいますがりょうさんに子供の星はありません。運勢でも大運に子供の星は回ってきていませんから、ご主人の子供の気を借りての結婚でしょう。

ご主人は座下と心を支える大事な存在で、存在感があります。偏配偶者なので和合性は薄いのですが、重要な存在です。

りょうさんのクールで透明感のある知性的な雰囲気は天性の才能でした。

まさにカリスマのような美しさは、浮世離れしている神々しさがあります・・。

今後のりょうさんのご活躍を応援しています。