まさにこれから大舞台!だった矢先の出来事(成宮寛貴さん)

成宮寛貴さん

37 46 59 辰巳 鳳閣星 天堂星
調舒星 石門星 石門星
天極星 玉堂星 天将星

※害

今日の個人鑑定は成宮寛貴さんです。写真週刊誌に真偽わからぬ薬物使用疑惑がスクープされ、突然の引退宣言。業界にも、一般にも衝撃が走りましたね。

成宮さんといえば母子家庭で14歳の時お母様を亡くし、自身は高校に行かず弟さんの学費を出した苦労人だそうです。たしかに、このような奉仕の精神があっても、それを実現させるなんてそうそうできないことでしょう。本当に苦労を味わった人だと思います。

疑惑の真偽はわかりませんが、突然の引退はもったいないですね。というような宿命です。

本人は週刊誌の報道でかなり精神的に絶望感を受けられているようなのですが、、異常干支の庚子、害、調舒星ですから、かなりの心配性と傷つきやすさ、精神不安定をもった人であります。ただでさえ安定感なく、気持ちがふらふらしやすい。葛藤が大きく、地に足のつかない感覚はあるでしょう。

才能としてはすぐれた感性と知性があり、理数系の能力が高いです。役者として大事な感じる力をもった人です。中年期は石門星と天将星でスケールある活躍ができる人でした。まさに、中年期、いまから!といった時での出来事。

害もあるので、ストレスは人より感じやすい。吸収力が強く、演技においては才能になります。これは、普通に生きているだけで消耗が激しいので、アルコールなどで潜在的不安定さから一時的に逃避しやすく、そこで安定を図るようになります。それが、たまに飲むアルコールで終わればいいのですが・・・。

自我は強く周りを取り巻いての自我拡大です。周りの人間関係が大事です。ですから最後まで、お世話になった方への恩がありながらの引退は心が痛いことだったでしょう。

役者としてはカリスマ的魅力があり、算命学的にも才能の裏付けがあっただけに本当に残念です。

運勢として今年はとくに大きなものはありませんでしたが、来年が仕事「害」で結果「破」。どうも来年は雲行きが怪しくなりそうで、ただでさえ不安定な成宮さんに運勢の散法で衝撃が多くなりそうです。

傷つきやすいというところは本当の気持ちだと思います。

ただ、この終わり方(?)はあまりにも飲み込みが悪い感じがしますね。