エッセイ5

無料モニター応募定員数達したため締め切りました

無料モニターですが、本日締め切りました。たくさんのご応募を頂きましてありがとうございました。

またの機会に、よろしくお願いいたします。

有料鑑定は、いつもと同じペースで受け付けております。どうぞよろしくお願いいたします。2016.04.22

モニターもまだまだ募集中です

前回、無料モニターは募集が殺到して混雑していたのですが、今回は余裕ある感じで、まだ受け付けております。お気軽に無料モニターまでご依頼ください。

もちろん掘り下げた有料鑑定も受付中です。お気軽にご依頼ください。

福岡は余震はだいぶ落ち着きほぼ揺れもなくなりましたが、熊本、大分地方はまだ毎日ずっと揺れが続いているようで、心配でなりませんね。

こういった状況の時こそ、心のケアが大事になってくると思います。

不安や悩みを抱えている方がただでさえ多い中、大規模な震災が起きたことで、それ以上に深刻な精神的不安が襲っている毎日だと思います。

占いでも、昨年から今年にかけて特に地震は警告が出ており、かなり注意が必要な時でした。去年はネパール大地震もあり、世界各地で今も地震が相次いでいます。(エクアドルでも大規模な地震が起こりましたね)

本当に、自然災害というものは予測が難しく、簡単に対処できるものではありませんから、日頃の備えと、緊急時のことまで考える必要が、誰にもあるとだと実感しました。

どこが安全なのか、わからない時代になってきています。

熊本では、特に阿蘇山があります。阿蘇の火山が地震によって激しく反応することが危険性を高めるでしょう、今年は「丙申」の年です、「丙」は火を意味しますの、火災や、火による事故にも要注意の時となります。

これ以上大きな被害がでないことを祈ります。2016.04.21

熊本、九州地方の地震について

まずは、地震により被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

ここ福岡県でも、先日の夜中震度5の揺れを感じ、外では警報のサイレンが鳴り止まず、携帯からの警報音もずっと続き、テレビから目が離せない時間が続きました。家など、被害はありませんでしたが、続く余震の恐怖感は震源地から離れているとはいえ拭えません。

5年前の東日本大震災の発生時、私は東京都に在住しており、ちょうどその瞬間は渋谷区で勤務しており、あの震災を体験しました。それからの止まらない余震や、テレビで鳴り止まない避難警告の警報など、5年前の出来事を思い出し、トラウマのような恐怖感を感じました。

熊本は隣県でもありますし、本当に心が痛みます。余震もかつてないほど多く、強い揺れが断続的に続き、被災地の方の精神状況を考えると、こちらまで苦しくなってしまいます。

今夜は雨も降るそうで、これ以上、被害が大きくならないことを祈るばかりですが、本当に心配です。一刻も早い避難を事前にして、余震や悪天候に備えていただきたいです。

熊本、大分及び、九州地方の皆様、心休まらない日々が続くとは思いますが、身の安全、家族の安全を第一に、災害に備えて、避難も早めにすることで、被害を最小限にしていきたいものです。

鑑定のほうは、通常通り受け付けています。ネット環境があれば問題ないので、引き続き皆様からのご相談は受け付けていますので、よろしくお願いいたします。2016.04.16

完璧になろうとするから苦しむのです

日本人というのは、とりわけ巧みな技術で完璧で繊細な仕事をするものだと思います。電車は1秒単位で指定時刻にやってきますし、遅れる場合も〇分遅れときっちりしています。コンビニだって24時間本当に休みませんし、何より仕事を優先するような社会にも感じます。

なんだか、間違えてはならないことが多すぎて、この完璧なシステムが逆に当たり前になってきています。

仕事でも完璧を求められませんか?完璧を目指すのは、向上心であってそれはそれで素晴らしいことです。しかし、完璧を目指しても人間ですから失敗します。ニュースのキャスターだって、どんなに完璧そうに長年原稿を読んでいたとしても、機械ではないですから、誤ってしまうことだってあるでしょう。


それでも、人間は完璧ではないと判っていながら、実際は皆、必要以上に完璧を求めすぎている気がします。プロだからできて当然、失敗なんかありえない。という気持ちは、確かに素晴らしいプロ意識でありますが、その発想が当たり前になってしまうと、少し怖いんです。

少し間違えただけで、ものすごく落ち込んだり、成績が1点振るわなかっただけで、地獄のような思いをしたり・・・。

それは、ありえない完璧を求めるからです。人間に完璧な人など存在しません。それでいて、完璧な人を目指すのは、欲深いのではありませんか?

完璧を求めるから、苦しむのです。

かといって、何も努力しないのはまた違いますが。精一杯やって、間違えたんなら、それも人間です。機械じゃありませんから、生身の人間ですから、気持ちが入っていれば、人は感動するものなんだと思います。

同じような話で、結婚相手や、交際相手、自分のお子さんにも完璧を求めていないでしょうか?完璧な人なんていませんよ。人間界には。

ちょっと抜けているぐらいで、普通なんだと思います。家庭というのは、完璧を自慢する場ではありませんから、がんばりすぎる必要などありません。失敗を笑ってくれるようなあたたかな家庭でいいんです。

完璧な計算や完璧な処理は、機械に任せてしまいましょう。

人間には、感情があります。そして、うまく言えない思いや、難しいところ、ぶつかってしまう不器用なところだってあります。

それを、嫌がるのではなく、受け入れてあげることが、同じ人間にできる愛情表現なのかもしれません。

もういちどいいます!完璧などありませんよ!抜けているあなたでいいんです。少しは本当の自分に戻る時間を作りましょう。2016.04.12

自分を責めていませんか?

最近特に気づいたことがあります。鑑定に来る人や多くの悩んでいる方、元気を失っている方、自信を失っている方は、共通して言えることがあるように思います。

それは、「自分を責めてしまっている」ということ。

失敗したり、自分のせいで物事がうまくいかなくなったり、自己嫌悪感に陥るというのは、人間ですから当然誰しもあります。しかし、一時的なものであれば、回避することもできます。

自分を責めてしまうのも、無理はありません。それすら普通の感情だからです。しかし、その責めから逃れられなくなってしまっては、辛い毎日になってしまいます。自分を責めてしまうことが一番苦しいことかもしれません。本当に自分が悪いわけではないのに・・・・。

なぜ自分に攻撃が行ってしまうのでしょう?他の人を傷つけたくないから?自分を責めたほうが楽だから?それはやさしいかもしれませんが、自分で自分を責めることは負のループのはじまりかもしれません。

責めても仕方ないことは仕方ないんです。誰も何も悪くないのに、必要以上に自分を責める方が多いです。

自分が悪いと必要以上に思い込んで、責める毎日では、前に進むどころか、ずっと過去を生きてしまい、「今ここ」でさえ感じられません。

今、辛い人、地に足のつかない感じのする人は、まず、「自分が自分を責めていないか」気づいてください。気づいたら、責めるのではなく、受け入れてあげてください。しかし、簡単に気持ちは変わらないでしょう。責めたくて責めたくて仕方のない時だってあります。そういう時は、逆に無理に気持ちを変えようとしないことです。時間をじっくりかけて、変えていけばいいのです。

そして、何十年も自分を責め続けてきた人だって、ふとあるとき、判るわけです。自分は必要以上に自分を責めすぎていた。と。あの時、必要以上に自分に辛くあたっていたと、でも今考えれば、仕方のないことだったんだ、誰にもどうすることができなかったんだ、誰も悪くなかったのだから、自分ばかり責める必要はないんだと。

それが本当の意味でわかったとき、ここから人生がリスタートするのかもしれません。

失敗しても、反省して、次に繰り返さないように前に向かっていけばいいのです。誰も悪いなんて思っていません。だから、責めないで、誰のせいでもないと、この世はどうしようもないことが起こって当たり前の世界だと、矛盾を受け入れてください。すべてパーフェクトな人生なんてどこにあるのでしょう?

責めている自分から開放できたら、過去へフォーカスしていた自分の考えも感情も「今ここ」に戻ってきます。「今ここ」に戻れば、希望あふれる未来のことを考える余裕も出てくるでしょう。

自分を責めることは、他の人も責めるぐらい、苦しいことかもしれません。もしご家族でこのような方がいらっしゃった場合は、家族のサポートが必要です。

誰も何も悪くない。どうしようもないことが起こるのがあたり前なのが、人生だということを皆が共有すれば、苦しみから逃れることができるかもしれません。

私は、苦しい人、悩んでいる人をすぐに変えれるとは思いません。ある程度の時間はいるものです。しかし、ゆっくりでも、結果気持ちが良好に発展すれば、その人のためになるわけです。すぐに治る特効薬なんて、私は持ちません。しかし、宿命のクセと家系の因縁がわかれば、自分が生まれてきたシンプルな意味を知り、新しい「発見」ができるのではないでしょうか。

宿命を知ることは、その「思い込み」の苦しみから逃れられる方法になると思います。いままで生きてきた人生の「謎」がとけて、自分を許せるようになれれば、随分と生きやすい世の中になります。それを可能にするのも、算命学の答えであると私は思います。2016.04.12

無料鑑定などはじめて感じること

無料鑑定は、実際のご相談者の方がどんな悩みをもって、鑑定にこられているか、そしてどんな言葉で回答しているかをサイト上で具体的に示すことで、より共感しやすかったり、同じような悩みを抱えている方の心に寄り添える場所になれればいいかな、と思いさせていただいております。

無料鑑定だとしても、掲載しているご相談のように、結構breathにいらっしゃる方のご相談内容はヘビーなものが多いです。しかし、その都度私自身も考えさせられ、また鑑定することで、気づくこともあり、こちらもまた大切なことを学ばせていただいているのです。

そういう意味では、無料鑑定ですが、私の中での価値は重く、ただ、純粋に「鑑定させていただける」感謝を感じるのです。

占いというのは、無形のサービスです。無形ですが、しっかりとした価値があるものに変えていきたいと思います。毎回毎回、色んな類のご相談を頂く度に、私も成長させていただいている貴重な経験だと感じております。

まだまだ未熟な点も多い鑑定ではございますが、現時点で、精一杯!の鑑定を目指しています。言葉足らずな点もあるかもしれません。しかし日々鑑定させていただくことで、少しづつでも成長して参りたいと思っております。2016.04.12

モニター募集第2弾します


4月になり、すっかり桜は満開になりましたね。春、本番です。季節も落ち着いてきて、心も盛り上がってきますね。暖かくなると、気持ちも落ち着いてきて、楽しい気分になります。
桜はすぐ散ってしまうので、別れのイメージでもありますね。そんな出会いと別れ両方のイメージを持つ桜が結構好きです。


さて、春といえば新生活、新環境です。新しい職場、人間関係など、精神的には緊張することも増えてくるでしょう。というわけで前回好評だった無料モニター募集をまたやります。
ネット上で鑑定内容を公開してもいい方のみ無料で鑑定させていただきます。
前回も3日で締め切ったので、なるべく早めのご応募お待ちしております。

※定員達し次第締め切ります。
どうぞよろしくお願いいたします。2016.4.4