エッセイ3

三寒四温は接運の運気のよう

今年はうるう年ですから、2月で久しぶりに29日を過ごすことができます。今日で2月も終わり。明日から3月といえばもう春だな~という気分になりますね。

最近は毎日気温の変動が激しく、福岡では春の陽気のように15度ぐらいまで上がる時もあれば、翌日には嵐で大荒れで5度まで下がってしまうようなことが多々ありました。1日で感じる温度差が10度ですから、これは体調だけでなく、精神も不調になりやすいのです。

そんな季節の変わり目、三寒四温は接運の運気に似ています。

接運もまさに、あたたかい空気とつめたい空気が自分の周りを行ったり来たり繰り返していて心揺れうごき何かと気持ちが定まらない時です。

気持ちの変動が大きく精神的な消耗も激しくなります。

まさに今の季節の不安定さに似ていますね。長かったつめたい静寂冬が終わろうとしていて、春の陽気が近づいてきているのですが、まだ寒さはじっとそこに居座っていて、寒気と暖気が入り混じる、不安定な状態。

どっちに転べばいいのかわからなくなる接運のようです。

今日とても暖かくても、明日どうなるかわからない明日は嵐になるかもわからないという予測不能さが今の季節続きますね。

しかし、この季節の大きな揺れに繊細な気持ちが少しずつ耐えて、慣れていったころに本当の暖かい春がやってくるのです。

運勢も同じく、接運という激しい運の上下と不安定な揺れに耐えて、慣れてきた頃に落ち着いてきて、通常の自分の能力を発揮しやすくなるのです。

自然のリズムと人間の運勢のリズムは似ていて、自然の摂理から生き方を学ぶことができます。

今悩んでいる人も、不安定な人も、長い冬の寒さに耐えるように、じっと耐えて、生命が芽吹き出す春を待てば、自然と自分らしい生き方ができる時間がやってくるでしょう。

ですから決して「今」を悲観しないでください。やってくる「春」をイメージすることが「今」を肯定できる秘訣です。2016.2.29

シンプルが幸せへの近道

毎日毎日寝る間もなく働いたり、子育てしたり、人生の殆どを職場と家の往復で過ごしたり・・・。現代人って本当に働き者で頑張り屋さんです!

日本人は特に本当に几帳面で真面目ですから、必要以上に頑張ってしまうのです。

慌ただしい都会にいると、仕事もたくさん背負い、家族も背負い、人付き合いも背負い、と本当にいろんなものを背負って生きて、あっという間に時間が過ぎてしまいます。口癖は「忙しい」になり、心にゆとりと空白をつくる時間も持つアイディアすら浮かびません。

競争社会は厳しく、甘い社会ではありません。そして、いつしか精神も肉体も疲弊して・・・という人も多いかと思います。

田舎の大自然での生活は、時の流れがゆるやかで、自然の中に人間が入っているような感じです。つねに五感が研ぎ澄まされ、競争という概念すら忘れ、煩わしいものだと感じます。

あれもこれも・・・と今以上のものやことを増やしていくのは、欲深さです。現状に満足できていない証拠でしょう。今が満たされていれば、今のままで幸せなはずなのです。あれもこれもと急がず、風の流れや花のにおい、季節の移り変わりなどを愛で、楽しむことができるほど余裕があるのです。

色々なものを抱え込み過ぎると、手放すのに苦労します。

いきなりシンプルになるのは難しいですが、少しずつ不要な時間を割いて、心に空白を作ってみると、心から自分が好きなもの、したいことが浮かんでくるかと思います。

周りの意見に惑わされない強い自分をつくるためには、自分だけの心の空白があると違うはずです。

何もない方が豊かなのです。路上に咲いている花を見ただけで感動するような、心の余裕、欲しいですね。2016.02.16

個人鑑定受付中です

関東では春一番が吹いているようで、ここ福岡も大荒れの天気です。春という心地よい時が来るまでの最後の我慢といったところでしょうか。

鑑定開始してからたくさんの方に依頼をいただきました。ありがとうございました。

最長2週間以内と伝えていますが依頼を頂くと熱中してしまうため結構短時間で鑑定書を送付できます。

現在季節の変わり目で、心境の変化なども多い時期かと思います。春に向けて、今解決したい悩みがありましたらご依頼ください。

自分を振り返り、見直すには算命学は非常にすばらしい実りを与えてくれます。

私ってこういう人だったんだ・・・と客観的に知ることもでき、そこからまた新たな人生がはじまるのです。

今年から天中殺の申酉天中殺の方、接運中の方の依頼が多いのも頷けるところです。本能的に人は、自分の運気の落ち込みを感知し、その折り返しの地点で新たな自分に出会うために算命学を利用するのではないかと思います。

まだ誰も知らない自分が見つかる算命学の奥深い世界に入ってみませんか?2016.02.14

好きなことを探すこと

あなたの好きなものはなんですか?好きなことはなんですか?何をしている時に幸せを感じますか?

好きなことを探すことは自分らしい生き方の第一歩かもしれません。

ネガティブになっているとき、自信を無くしたり、ショックを受けたときは、好きなことより、嫌いなこと、ポジティブよりネガティブの波長の方が勝ってしまい、好きなものに焦点が当たりにくくなります。

それで自分自身を見失い、ますますネガティブを引き寄せてしまいます。

好きなこと、好きなもの、ちいさなことでもいいから考えてみてください。

好きなことがなんかのかすら分からなくなったあなたは、少しバランスが乱れてしまっています。自分を押し殺し労働し、時間に追われ、人間関係に疲れ、本当の自分を忘れていませんか。

例えば書店にいって、よく通るコーナーの本の世界があなたの好きな世界です。ファッション、音楽、インテリア、料理、スィーツ、動物、ガーデニング、占い、資格、旅行など。好きなことを思い出してみてください。

好きなことをしているとき幸せを感じられます。自分にも正直でいられます。好きだから!と頑張れます。このぐらいシンプルな方が楽なのです。無理してしたくないことをするよりは・・・。

好きなことを考えているとき、脳は幸せを感じられます。なんでもいいので好きなこと、もの、興味のあることだけを書く専用のノートを作りましょう。イラストや写真もつけると効果的です。

心が疲れたときにそれを開くだけで、自分の好きなものと調和することができます。

好きなことを楽しくしていると、同じような波長の人が集まります。好きなことは、好きなことを呼びます。

私が占い師になったのも、占いが好きだったからでした。算命学は仕事でライフスタイルとして取り組んでいますが、元々手相や占星術など占い全般が好きなのです。人の話を聞くのも好きで、文章を書くのも好きです。そういった部分が今の仕事に活かせていてサイト運営だけでも楽しいです。

写真を撮ることも好きで、自分の撮った写真をエッセイの最後にはさんでいます。

そして海も好きなので今海がすぐそこにあり見渡せる場所に住んでいます。疲れても大自然のなかで生活していると、心穏やかになり、自然が心を癒してくれます。

お金のためや生活のために本来ならしたくないことを身を削ってするのはすごいことですが、長時間だと精神的に限界が来てしまいます。お金をいただかなくてもしたいこと、が本当の好きな仕事かもしれません。

2016.02.09

立春から新しい風が

立春もすぎ、まだまだ寒い日が続きますが、新しい風も感じています。

算命学ではやっと今年がスタートしました。やはり立春を過ぎると心境や周りの変化を感じます。あらたな運勢に変わっている証拠でしょうか。

鑑定もスタートして、幸いなことにたくさんの鑑定依頼をいただきました。一人ずつじっくり相談と向き合うため、時間はかかりますが、その分手応えのある文章にするために日々奮闘中です。

新しい年に変わりましたし、自分の宿命と向き合いたいという方やもう一度夫婦の相性を知り相手と向き合ってみたい、など様々なご相談に精一杯対応していく気持ちです。

このサイトを見てピンときた方はぜひご検討ください。2016.2.6

自分が自分を超える時

人間生きていれば誰だって落ち込むこと、うまくいかないこと、葛藤があるものです。どんなに綺麗な人でも、どんなに立派に見える人でも、心の底に渦巻いているものがあるものだと思います。

私はよく鑑定文などで算命学教科書の言葉でネガティブだったり、厳しい表現であってもそのまま引用しています。きっとその厳しい言葉はうまくいっていないときや、苦しい時には特にきつく、刺激的に感じるかもしれません。しかしそれが大事だと思うのです。

傷つくことを怖がって、一生受身で過ごし、自分のやりたいことも最初から諦めるようでは、虚しいです。傷ついているときこそ、もっと勇気を出して厳しい言葉に耳を傾ける必要もあるのではないかと思います。

確かに、もっと傷つくかもしれません。でも、傷つかずにいろんなことをスルーして生きていくより、一回ドスンと落ちてしまったほうが、上を目指せるようにもなると思います。

例えば、怪我をした時、傷口をさわらないよう、慎重に慎重にゆっくり時間をかけて治すのではなく、むしろ塩でもすりつけて泣きながらも放置して風にあて治す。ぐらいの勇気です。
辛い時も自分で自分を奮い立たせながら、自分を信じて前を向いていくしかないのです。

一度落ち込んでも、きっとまた過去の自分を超える日はきます。
日々、過去の自分との闘いであり、挑戦だと思います。

誰かとの比較ではなく、常に自分自身との闘い。でもあり、根底には調和がある。調和があるうえで、挑戦しようとする、その殻をやぶろうとする自分がいる、そうありたいと思います。
私も心を弱めたことがたくさんあります。しかし傷口に塩を擦り付けてでも、這い上がる負けん気だけは衰えず、絶対に、過去の自分を超えてやるんだ!という気持ちで日々生きています。
もちろん自分に負けることなんて多々ありました。その都度自己嫌悪し、自己喪失し、人生を棒に振ろうかとも思いました。うまくいかないことばかりで空回り。自分蒔いた種だからしょうがないけれども。

苦しくても、悲しくても、きっとそれは一過性であって、その先にはたくましい自分の姿が待っているはずなのです。しかし、ずっと助けを待ち、努力せず、他力本願に生きていてはうまくいくはずもありません。

自分をうまく活かす方法は、自分にかかっているのです。
辛い日々も捉え方です。自分だけがこんなに辛い思いをしているんだと悲観するか、自分は一時的に辛い思いをしているけれど五体満足で家族もいるし寝る場所もある。幸せなんだ、と捉えるか。です。

自然と今の状況に感謝ができる生き方が、自然なのでしょう。五体満足なだけで本当に幸せなことなのです。感謝したくても、できない場合は、少しバランスが崩れている証拠です。本当の自分と違う自分の人生を生きているかもしれません。おかしいな?と思う方、バランスを取り戻したい方などは鑑定のご相談も検討ください。

私は一人一人が自分の宿命を知ってから、新しい人生がスタートすると思っています。宿命を知って自分なりに活かす。これが人生を楽しく、自分らしく生きるコツかもしれません。2016.2.3

有料鑑定受付開始です

さてもうすぐ2月3日に変わります。占いでは新年は2月4日からになります。今年は申年のため、申酉天中殺の方は2年の天中殺期間となります。
そして2月3日より有料鑑定もやっとスタートです。待っていた方々はお待たせいたしました。ご相談を楽しみに待っております。よろしくお願いいたします。2016.2.2