エッセイ2

占いを信じるか、自分を信じるか

これは非常に難しいテーマです。本当に自分を信じている人はまず、占い自体興味を持ちません。だって自分を完璧に信じているから。誰からなんといわれようと、自分はブレないから。です。

では、占いに来る人は。もちろん本当に悩んでいる人もいらっしゃいますが、実は答えは自分の中で決まっていて、それを認めてもらいたい、背中を押してもらいたい。裏付けをもらいたい。という人も多いのです。

そんな方々は一時的に悩み、迷いを抱えてらっしゃいます。天中殺だったり、接運だったり気持ちが揺らぎやすいのです。

ですから、そういう時と伝え、背中を押すことでだいぶ悩みが緩和されるのです。もちろん占いで出た結果も大事です。しかし、本当に大事なのは自分を信じる勇気だと思います。自分の人生を占いの結果のせいにせず、むしろ占いの結果をより美しい人生に変えるぐらいの心意気、私は素敵だと思います。

私は算命学を習得するまで天中殺や接運を無視した生き方を散々してきました。

確かに天中殺や接運に自重しなかったせいで波乱の人生にはなりましたが、全く後悔していません。天中殺でも接運でも激しい人は激しく動いてしまうものです。しかし激しく動いた分のリスク、皺寄せはやはり自分にぶつかってきます。それでも、ぶつかる覚悟で前へ進む。新しい夜明けを見るために舵をとる。そんな勇気、少しぐらいあってもいいじゃないですか。

私は少々危険覚悟でも、舵を取る方を選びます。

なぜなら、自分を信じるからです。

これだけ天中殺と接運のことを勉強してもなお、新しい夜明けを見たい、自分の中の新たな可能性に挑戦したい!という意欲は全く衰えません。むしろ、天中殺だからこそ、新しい自分に目覚めるのではないかという気まで起こります。リスク覚悟で挑戦です。失敗を恐れず、試す気持ち。それは失敗がわかっていたとしても、挑戦する必要があるのではないかというほど、前を向く姿勢とも言えます。

鑑定のご相談に来た方には、天中殺、接運の心構えなど教科書通りの説明はしています。しかし鑑定する当の本人はかなり破天荒な生き方をしていても、なんとか生きていますから、あまり恐れずに、「自分を信じる」気持ちが大事だと私は伝えたいです。

しかし、あまり無茶なことはしないように・・・・あとで痛い目に遭うのは結局自分ですから。2016.1.19

宇宙盤の相性図の変更をしました

運命の不思議~算命学で運命を人を決める相性~の中の宇宙盤ですが、前はシンプルな図を用意していたのですが、綿密な図に変更しました。より正しい領域図になっています。

ところどころチェックしながら変更したので、チェックしてみてください。

そして2月3日から有料鑑定受付開始のため、誕生日鑑定など、遅れるようになります。こればっかりは鑑定優先のため、サイト更新のペースがやや落ちるかもしれませんが、今ほどのペースではありませんが、UPはしていきます。

無料鑑定でもたくさんのご依頼をいただきました。ありがとうございました。有料鑑定の方もよろしくお願いいたします。2016.1.17

海外在住の方の鑑定も受け付けます

2016年になって、急にアクセス数が上昇し、無料鑑定キャンペーンも想像を上回る依頼がきました。たくさんのご依頼ありがとうございました。

そして海外からのアクセスもかなり増えています。アメリカ・ロシア・ヨーロッパ・アジア圏のアクセスが急上昇しており、海外在住の日本人の方に閲覧されているようで非常に嬉しいです。そこで、これだけたくさんの海外アクセスがあるので、海外の方の鑑定もさせていただきたく思います。

金額は日本在住の方と一緒です。メール鑑定のみの受付になります。振込法はゆうちょ銀行への送金でお願いします。

海外在住というのは、それだけで不安や迷いが出るでしょうから、そんな方々へのお力添えができれば・・と思っています。興味のある方はお気軽にお問い合わせフォームでご連絡ください。振込法もメールで色々相談させていただきますので、まずはメールをいただければと思います。

ご相談お待ちしています。2016.1.13

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。2016年がスタートしました。今年のお正月はかなり暖かく、過ごしやすいものでした。2016年からは午未天中殺から申酉天中殺に変わります。申酉天中殺の方は2年の天中殺が始まります。ボランティア期間です、内省しながらもこれからの将来のことをゆっくり考えられてください。

年末年始は無料鑑定キャンペーンで想像以上の方の鑑定を受け付けました。現在、順番に鑑定していますので、申し込まれた方はもう少しお待ちください。

2月3日より有料鑑定も受付開始です。今年は2月4日からスタートします。相性や、仕事、運勢でお悩みの方は是非ご相談ください。

2016年もよろしくお願いいたします。 2016.1.11