エッセイ11

大晦日、煩悩と向き合い、流し、新しい明日へ


ついに大晦日ですね。占いではまだ2016年は終わりませんから、まだ年越しという感じが全くしません。まだ2016年は続いていきます。年越しそばを食べてももちを食べても2016年です。

年末年始も通常通り依頼受付をしています。年末年始だからといって遠慮されず普通にご依頼くださいね。私は昔から儀式ごとやイベントがあっても全く気にせずに淡々と過ごしてきたので、年末年始だろうと、クリスマスだろうと、祝日だろうと、1日は1日です。特別な日という観念はなく、マイペースにやっています。

クリスマスだからとはしゃぐようなことはなく、大晦日だからと焦ることもなく、同じ一日、たいせつな一日には、ハレの日もケの日も関係ないと思って、その中に溺れることなくマイペースに時を刻んでいきます。上がりすぎず、下がりすぎず、同じように時間に感謝する毎日を送りたいのです。

自分の中で毎日が大切な日というものを忘れなければ、世間の流れにわざわざ沿って生きる必要もないと、幼少期から思っていました。

2017年は申酉さんはまだ天中殺が続きます。2年って結構長いんですよね。この1年も申酉さんからの依頼が多かったです。転職や離婚を考えておられる方が多く、やはり天中殺の影響を受けておられます。年末、離婚発表された米倉(涼子)さんもやはり、申酉天中殺でした。

2017年はどんな年になるか、みな占いで気になることと思います。算命学でもどのような星が回る1年で、盛り上がるのか、変化があるのか、など大きなことはわかります。しかし、内容は占いだけでは絶対に決まりません。

未来は一歩一歩、自分自身がつくっていくのです。占いがつくるのではありません。悪い運勢だからといって、天中殺だからといって、いい気持ちをもたないまま過ごしていれば、そのような結果になり、結果、占いが当たった。となるでしょう。しかし、人間ですからすべて鵜呑みにせず、解釈をかえ、知恵をだし、自分なりに問題を解決しながら生きていけば、最終的に実りある一年になり、占いの答えを前向きに捉えることができるでしょう。

この時期は本当に依頼が多いです。やはり一年で一番迷いが多くなるのは年明け。

占いの言葉を鵜呑みにせず、いろんな角度から自分なりに考えて捉えて必ず咀嚼して、自分の人生のエッセンスにしてください。鵜呑みにしてしまう人は歓迎できません。

知恵をもち、それを活かす行動力。その勇気で人生は構築されていきます。2016.12.31

仕事をさせていただけて、ありがとう

タイから帰国後、不思議なことにドサドサっと依頼のメールが重なって年始まで鑑定で忙しくなりそうです。こうやって、依頼がくるのが「当たり前」になることに慣れると、仕事を頂けることの喜びも薄れてしまって、むしろ忙しくなりすぎると、仕事がいやにもなりかねません。仕事と余暇のバランスをとっていくのもまた、自分を大切にすること。それが結果、周りの人を大切にすることにもつながりますよね。

自営業というのは、組織に守られておらず、どういう方向に向かっても100%自分の責任です。だから楽しいし、だからやりがいがあるし、だから大変(?)

浮き沈みがあり、依頼予測もできないので、大きな期待をしても逆効果になったりもします。この仕事をする前まで、生きる屍のような状態も長かったので、仕事があるという喜びすら感じれないことがありました。ただ、日々をやりすごす。辛い日々を何度か経験しました。

今では自分の好きな分野のことを仕事にできて、言いたいことをかけて、それを読んでくださる方がいる。これだけで、本当に幸せなことです。

この仕事をやる以前は、仕事がない不遇の時も多々経験しました。自信喪失して、生きていく価値すらないと死に向かったことも何度かあります。生より死のほうが身近で、死を意識することのほうが断然楽だったときもありました。

仕事がきて当たり前というのはすごいことです。無い時代を経験したからこそ、当たり前のように依頼メールがくることが尊いことだと感じられます。

依頼が来ないとしても、毎日サイトをアクセスしていただけるだけで、私はきっとたいせつなものを頂いているのでしょう。どんな人がみているかわかりませんが、たしかに読んでいてくれる方がいるだけで、私は勝手に癒されます。

だから、すべてに感謝することができる。それは綺麗事でなく、だから生きていくことができるんです。

依頼がきて、ありがとう。

サイトにアクセスしてくれて、ありがとう。

目にみえない思いも、きっと何かの形で伝わって流れてきます。私がいま幸せでいられるのは、いまこの文章を読んでいる方々の思いが風にながれて、私の心に浸透しているからでしょう。

当たり前は当たり前じゃない、と心におきながら、自分なりの役割を果たしていきたいと思います。2016.12.25

スピリチュアル系の思想や引き寄せ、合う人合わない人

最近妙に引き寄せ系の本を読むことがあって、ただでさえ精神世界傾倒の自分がよりそっち系に流れています。もちろん流れているだけで洗脳されてるわけではありませんが。

このサイトにいらっしゃる方ももちろん好きな方が多いでしょう。天中殺グループでいうと、戌亥ですね、午未も好きな人が多いです。

私は幼少期から精神世界に没頭→成人後リアルしか信じなくなり→また最近精神世界に踏み入れつつあります。これでも占い大嫌い、スピ大嫌い、現実だけしか信じなかった時期も結構あるのです。しかし、最近精神世界傾倒気味といってももちろんのこと、現実(リアル)とのバランスあってのことです。

たくさんのスピ系、引き寄せ系、感覚系の書籍を読みましたが、これだけ人生の成功哲学の本が出ているのなら、全人類とっくに戦争もなく飢餓もなく平和で、悩みもなく愛と調和だけに満ちた世界で幸せにひとりひとりが生活しているはずですが・・・・。
実際のところ、戦争は終わらず、平和な日本でもちいさな家庭のなかで争いや離婚、虐待、殺人など恐ろしいニュースも後を絶ちません。

結局のところ、そんなに人生簡単なものではないのです。

読んで解決できるなら、こんなに大量の自己啓発、ヒーラー系の本は売れません。
これらの本が売れ続けるというのは心の平和が阻止され、外側に安定を求めているからです。
私も、好きで読んでいますがね。

私は感覚系や完全精神に偏った啓発は自分ができないのでしませんが、
その思想を読んで感じたのは、必ずしも万人に効果があるものではないということ。

なんにでも、相性があり、合う合わない、タイミングの問題があるということです。

自分にあわないのに、それが流行っているからといって盲信して取り入れて最悪の結果になったということも結構あります。やはり一番大事なのは「己を知る」ことなのです。

最近面白かったのは認知されてから結構時間が経ちますが、ハワイの伝統的な問題解決法「ホ・オポノポノ」です。
インナーチャイルドを癒す等、スピリチュアル専門用語も多数出てきますが、なんとなくすんなり入ってきました。
人によっては、きついかもしれません。
なぜなら、私も存在は知っていましたが、自分に嘘をついて生きていた時は、怖くて読めなかったからです。
いま違和感なく入ってきたのは、自分が素直に生きているからだと思います。(セミナー等には参加せず書籍を読んだレベルです)

その思想に出会うべきタイミングがそれぞれあるということです。

引き寄せ系もだと思います。
なにをしてもムリな時、人生がすべて好転したとか書かれていますが、実際ほとんどの確率で厳しいと思います。

簡単に人生好転できるなら万人がもうすでにできているはずです。

やはり、簡単でなく、苦労もしながら、葛藤を経て、本来の自分に戻るプロセスになるのではないかと思います・・・。

なんの努力もなしに、自分勝手に生きてなんでも引き寄せようとしても、それはムリでしょう。

自分を癒すプロセスというのは、痛みも伴います。結構しんどいのです。

でも、スピ系の本はそれをさらっと気持ちよく書かれているので人気ですが、そんな簡単なものではありません。

精神世界は楽しい。ですが、100%精神世界に盲信する勇気もなく、現実と調整しながら取り入れています。

私自身の内側から生まれた固有の人生哲学のみを愛し、外側からの情報はうまく咀嚼して生きていくのが一番です。

ですから、私は占いの結果を盲信させません。すべては自分の責任の上、決断し、信じるだけです。
信じたくないなら信じる必要なんて微塵もないのです。

自分の心の内側にだけ耳を傾けていれば正解なのです。

正解は自分自身の内側にしかありません。

一番大事なのは、内なる声に素直に生きること。

いまの時代、本当の自分に嘘をついて生きる人が多すぎです。
だから苦しいのです。
でも中々素直に生きられない世の中だから葛藤します。
捨てられないものが多すぎる。取り入れすぎて、搾取されて、コントロールされて、自分を失う。
そのようにして自分に悲しい思いをさせないでください。

自分を守れるのは、自分だけです。

当鑑定では、本来の自分に戻してあげるプロセスのきっかけを与え、自分本来の哲学を大事にするように促します。
私個人的な思想や算命学の教えを押し付けるようなことはいっさいいたしません。

あくまで主役は「依頼者さま本人」です。そして決断を下すのは「依頼者さま本人」にすべてかかっていることですから。

完璧とはバランスのとれた調和状態のことです。と、思っています。

そのバランスはひとりひとり違います。
それをみつけるのは自分しかいません。

思想を盲信せず、自分なりの哲学をひとりひとりが生み出してください。
それが本当の意味での、「クリエィティブに生きる」ということだと思います。

2016.12.24

breathでの鑑定指標の改善をしました


2016年12月23日までは・・

★ 癒す。 心理カウンセリングで自分の「心」と向き合い、 ( 無意識、潜在意識の世界)
★ 知る。 算命学で自分の宿命、人間関係、役割、相性、人生の流れを見ます(過去・現在・未来)
★ 高める。 そしてさらなる自分、人間関係の高みへとお手伝いします(意識の高い世界)
過去、現在、未来を通して悩みを根本的に解決し、高みを目指し、 豊かな人生に・・・

以上の鑑定指標を掲げていましたが、日々いろんな方の鑑定を通して、思うところがあり、以下に改定いたしました。

★ 癒す。 心理カウンセリングで自分の「心」と向き合い、 ( 無意識、潜在意識の世界)
★ 知る。 算命学で自分の宿命、人間関係、役割、相性、人生の流れを見ます(過去・現在・未来)
ゼロに戻す。 生まれて今までもっていた先入観、過去を手放し純粋な本来の自分に戻します(空の世界)
過去、現在、未来を通していったんゼロに戻し、純粋で本来の自分として 豊かな人生に・・・

なぜ、高める→ゼロに戻す。という相反的なものに変わったのか?というと、自分を高めていくのは、「私」の役割でなく、依頼者ひとりひとりが自分に向かって行うことだからです。結局、自分を救うことができるのは、自分だけだからです。

私がお手伝いできるのは、そのプロセスだけ。

そのためには、いったん悩みをもっている自分を「ゼロに戻す」必要があると思います。高めて高めて次元を上げるより、リセットする。ゼロに戻ることで本来の自分と調和でき、幸せを感じる。

ですから、もっともっと頑張りなさい、というスタイルでは鑑定しません。本来の自分に戻りなさい。という鑑定スタイルです。

占い師がその方の人生を変えるのではありません。自分の人生は自分でしか変えることができません。

ただ、その悩みに寄り添うことはできます。わたしは解決できませんが、依頼者が解決できるような状態に誘導してあげることなら可能です。

ハワイの秘法ホ・オポノポノの思想も取り入れた形で、従来の心理学の問題解決法とは一線を画すスタイルでやっていきたいと思います。色即是空にも通じる思想であり、自分を救うメソッドとして非常に効果的と思い、鑑定指標自体変えていきます。

私のところに来る人は、私のことも癒してくれる人ですから、私自身が常にシンプルでいることで、必要なひとを厳選して引き寄せることができますから、まずは日々精進してやっていこうと思います。

欲深い方、利益目的の方、他者を悪用する方は、来ないでくださいね。

いや、きっと引き寄せられないでしょう。2016.12.23

タイに少しの間いってきました

仕事を抱えながら、仕事をしつつ、少し足を伸ばしてタイの田舎町にいってきました。

まず、海外に行っても仕事がある、できるということに感謝と感動をしつつ・・・。今ある幸せをもっと感じるために。

とあるライセンスを取りに行ったのですが、本当に短い間でしたが、最初から最後まで、全時間が幸せでした。日本にいても、それはそれで、幸せな毎日を過ごしていたのですが、海外での感動は計り知れず・・・心のふれあいを通してタイ人の信仰心の厚さ、心の豊かさ、愛情に包まれることができ、感動しっぱなしでした。大都会のバンコクから離れた田舎町だったからこそ余計感じたのかもしれません。

まず感じたのは、「今」この瞬間に感謝している、信仰心のこと、風の流れるように毎日を心豊かに過ごしているということ。焦らず、あるがままに、無理せず、まず楽しみながら生きる方を選んでいる姿勢。日本との大きな違いを感じました。日本にいると、どうしても焦ったり心配になったり、イライラしやすくなります。都会にいけばいくほどです。どうしてもやることが多くて、やることを詰め込んでいる日本人は時間に追われて常にイライラせかせかしてしまっていると思うのです。今ある仕事を減らせない、収入を減らせない、それもあるとは思いますが、心は常に緊張状態で、ワーカホリックが本当に多いのではないでしょうか。

ひとと自分を比べては悲しくなったり、選択肢があまりにも多い中で、何をすればいいかわからず路頭に迷ったり。。。

タイの暮らしを少し見てみると、競争より共存を選んでいることに感動しました。日本は競争心あってなんぼ、出世、出世、向上心、とモチベーションは非常に高く、仕事も完璧を求められ、もちろんだからこそ日本のクオリティーは世界の中でもベストクオリティーの美しさなのですが、精神的にも疲れますよね。その競争出世文化からすこし離れて、共存にベクトルを向けた世界で、風の流れるままに、太陽にあたって、鳥のさえずりを聞いて、素晴らしい日々を過ごしてみました。

もう、風が木々を揺らすだけで幸せ、心地よい。鳥のさえずりが、心を豊かにして、タイ人の笑顔が、細胞に浸透して、、なんて幸せな国なんだ!と思ってしまいました。

人のやさしさの根源的なものを感じることができて、忙しい日本の生活では忘れてしまっていた大事な心を取り戻した感じがしました。

やさしさってこういうことなんだなあと、、、、心がほぐれる、あったかくなる気持ち。。。

あなたはあなたのままでいいのよ、あなたの存在そのままで「YES」と言ってくれているような笑顔のやさしさ、これを感じることができました。

みんながみんなの存在を「YES」と思いながら共存して生きている。これが幸せであること。

つかの間の非日常で大切なことを学びました。

日本にいると、やさしさを忘れがちになります。みんな、急いでいるから。みんな、自分ひとりの生活で必死だから。みんな、余裕がないから。

でも、やさしさは誰のこころにもあります。それに気づかせてもらえた気がしました。

タイのお坊さんの話も聞きましたが、目がきれいで、笑顔が本当に素晴らしかったです。

心を洗うって、大事なことだなあと。

そして何より一番よかったのは、大自然です。日本のようにビルとコンクリートと人間だけの世界ではなく、大自然があって、そのなかに人間がいさせてもらえる感じ・・・。常に大自然に包まれている感じ。。もちろん、日本の田舎のほうでは共通していますけれど、都心部の便利な街はビルと人間中心です。大自然があって、人間がいる。という調和が息をするだけで自然のエネルギーを頂けるという感謝につながりました。

私がいま住んでいる場所も郊外で田舎なのですが、それでも、大自然のエネルギーには圧倒されました。

競争より共存、大自然があって、人間がいる、小さなものにも感じる信仰心、みんなの存在が「YES」、時間にせかされず自分のリズムを大事にする、自分自身を愛し、今に感謝し、大自然の摂理に身を委ねること。。

人生における大切なものが心から学べた旅になりました。無事、ライセンスも取れて・・瞑想分野でも仕事に活かせていけそうです。2016.12.19

1週間程度連絡が遅れます


繁忙期突入で、今後1週間は連絡が遅れることがありますのであらかじめご理解くださいませ。メールチェックは致しますので、ご連絡が遅くなっても返信は必ずするので待っていてください。

クリスマス前ということで、相性鑑定の依頼が多く来ています。

あなたのとなりにいる人は、運命の人でしょうか。

直感よりも当たる、算命学で運命の人を感じましょう。2016.12.11

師走になりました

12月です。占いでは来年2月まで2016年ですが、一応年の瀬ということで、、、、。2017年ももうすぐです!今年は本当に鑑定を通して多くの方のお話を聞くことができ、私自身も自己研鑽させていただけて本当に感謝の毎日でした。

たくさんの方々のご相談を通して、勉強させていただくことも多く、それがまた新しい世界への一歩になって、この1年で、常にアンテナを張り巡らせて生きることができました。

知的好奇心、向上心も高くなり、算命学はもちろん、心理学、カウンセリング、ヨガや瞑想など興味のある世界の思想をとことんインプットして、楽しみながら自分自身も磨けていけたのではないかと思います。

相談者の方のあたたかいお言葉に励まされ、癒され、前向きな気分で、もっと向上できるように頑張っていきたいと思っています。

好きな世界を仕事にできたので、もっと勉強することがワクワクしてしまいます。

最近コンテンツも増やしたので、鑑定以外のアプローチで伝えたいことを書いています。

まだまだUPは続きますので、サイトとも末永くお付き合いいただけたらと思います。2016.12.06

多くの人間関係より、小さな深いつながりを大事に

現在は超情報化社会。つながりたくない人とでも、ネットを通じて勝手につながってしまいます。SNSのすごいところでもあり、怖いところでもあります。現代の10代、20代の若者はSNSを主軸とした人間関係の構築が基本ですから、ほかの世代と比べてのズレが多くなると思います。しかし今後、彼らの世代が歳を重ねて、スマホ世代が増えていきますから、人間関係の構築法、人付き合いの仕方はまるで昔とは違うものになるでしょう。

facebookでは、友達の数と写真が自分のページに表示されます。友達の友達とも簡単につながることができます。ワンクリックで友達になれます。この身軽性が今らしいのですが、本当の友達なんてその中にいるんでしょうか?

友達のふりが多かったり、ただ数字に依存しているだけのような気もします。

私も以前SNSを活用していたときは、友達でもない人と画面上のみで多くつながり、「偽造友達」だらけでした。しかも、その偽造友達の近況や写真が勝手にUPされる毎日で、知りたくもない情報と戦う?日々がありました。でも、開いてしまう中毒性がありました。私のような、上辺の付き合いというものに不毛感を感じる人間はさっさとやめておいたほうが無難かもしれません。実際やめて長いですが、なんのストレスも不便もありません。

必要な情報は自分が勝手に調べればいいだけだし、不要な情報に洗脳されると、直感が鈍って方向感がなくなるのです。

そして、20代までは人間関係を広げることにかなり意識を集中していて、とにかく多くのジャンルの人と出会い、話すこと、刺激を得ることを良しとしていました。ともかく人と多くつながること、それが自分にとって必要と思い込んでいたのです。しかし現在はほとんどその時代の人間関係は残っていません。結局広く浅くだったのです。何人か、深いつながりの人が残っていますが、今はそれで十分です。今からもっともっと多くの人間関係を補充しないと!とも全く思いません。

若い時代の自分は、とにかく我欲(向上心も含めて)が強く、何事も経験したいとキャパ以上になんでも過剰に詰め込みすぎていました。年以上に生き方が焦りをもっていて、ちぐはぐしていました。

それはそれで経験として通過点で必要だったんだろうと思うのですが、そのときの人間関係は今生かされておらず、SNSで一時つながっていた人もやめたとたん、交流を失いました。一瞬だけ寂しかったですが、一瞬だけでした。

今は、人間関係こそ多くないですが、かなり充足して満たされています。

それは、人に惑わされず、自分軸に合わせて自分と向き合える時間が多いこと。(現時点ですから変わることもありますが)自分との対話が多いため、直感が冴えて、必要な情報も必要なタイミングで完璧に入ってくるし、自分に必要な人でさえ、完璧なタイミングで出会える。そしてそのように大切なもの、人は決して多くない。タイミングを逃さないこと。

自分と対話できて直感が常に敏感であれば適切なタイミングもチャンスも逃しません。結果、シンプルに目標へたどり着くことができます。

人間関係を整理するだけで、こんなにもデトックス効果があるんだ!と実感しています。(現時点での私は、です)

多くの人間関係を取り込もうと躍起にならず、大事にするべき人との時間をまず大事にしてください。配偶者、親、子供です。まずは自分と自分の家族をめいっぱい愛することだけで十分人間関係は充足されます。多くの人間関係にばっかりとらわれていると、家庭不和になりやすく、子供の時間もとれず、離婚確率も高くなります。人脈の多さ=成功という思い込みを捨てましょう。本当に鍛錬された方は自分自身と家族だけで十分満たされるのです。多くの人間関係がむしろ足かせにすらなります。(人間関係を広げる必要性もありますし、そういう時期も、もちろん大事とも思いますが、過程で。)

今の私が思うのは、ただガムシャラに人に会おう、つながろうとしても疲弊感が大きくなるだけで、しかも大体残らない。逆に、自分の空間にゆとりを持って人との対話時間を自分との対話時間に変えてみることで自分の考えが明確になり、人にも惑わされず、自分なりの思考ができ精神的に自立できる。そして目標が明確になればそれにふさわしい情報も人も勝手に完璧なタイミングで訪れる・・・。

無駄な努力はいりません。

シンプルに、自分と仲良くしていい気分でいるんです。がむしゃらに欲しがってはいいことありません。

この世の仕組みって、不思議ですね。

SNSを根っから批判しているわけではありません。ただ、合う合わないがあって、うまく利用していれば全く問題ないし、素晴らしいツールです。利用すればいいもので、利用されるとおかしくなります。

ただ、私には今必要ないので利用してないだけです。それは人それぞれ違っていいと思います。2016.11.10

あきらめないで

不遇な現状を打破したい、鬱屈した精神状態、自己嫌悪、パートナーとの関係悪化から脱出したい、経済的不安から脱却したい、夢や目的が欲しい、もっと楽に生きたい・・・


人間であれば、必ずしも思うものです。特にうまくいっていないときは、余計に。


でも、待っているだけでは何も現実は変わりません。悩んでいるだけでも時間だけが非常に過ぎていくだけ・・・。どこかでそんな自分を諦めていませんか?諦めている人は、きっと3年前も5年前も10年前でも特に大きく成長していないはずです。同じことにずっと悩み続けている。そして、小さい頃は、こんな自分になんてなるはずじゃなかった。と悔やんでいる。でも、悔やむだけ。チャンスをただ待つだけ。。どうせ無理だと思っているから、無理な結果に今いるのです。


それでは、なんの意味もありません。啓発本などで知識を得たとしても、行動しなければ無意味です。
では、具体的にどう行動すればいいのか?多くの啓発本に書かれていることは、感覚的なものが多く、かなり抽象的です。しかも著者の経験から書かれていることが多いので、著者と全く違う人間がそれを実行したとしても人間が違うのだから、同じような結果になることは難しいのです。
変わりたいと、本気で思っている人は勝手に行動しています。そして、どのように行動するべきか自分で考えて、理解しています。


大事なのは「意志力」「イメージ力」「行動力」です。大体どんな本にも書いてあることです。どんな本にも書いてあるから正しいと思ったのではなく、実際私が生きていく上でもやはり逃せないポイントで、重要だと思ったからこそ、記しました。この3つの力の強弱でも、現実の変化の差が出ると思います。

強い肯定感は大事で、自分自分の未来に確信を持つことです。

あと、この3つをただしていればいいだけでもなく、一番大事なのは「実力」であり、「努力」だと思います。いかにたくさんの人間関係を構築するより、いかにたくさんの人に可愛がられるより、大事なのは「実力」と「努力」。努力し続けられるものを探すことも重要です。

寒くなり、腰も重くなってきましたが、本当に現状を変えたいなら今すぐに一歩踏み出すことです。

一歩踏み出す勇気。これがある人は、どんな環境であっても自分を高めることができるでしょう。

2016.11.10

感謝できないときは、とりあえず「ありがとう」と言ってみる

感謝することは尊いこと。そして大事なこと。もちろんわかっています。自己啓発系の本には大体、感謝する大切さが書いてあります。

でも、毎日、毎秒、感謝できる心がある人は意外と少なく、感情の上下動があるのが人間の心ではないでしょうか。交通事故にあったり、騙されたり、身内の不幸があったり、天災にあったり、そういったネガティブな時にさえ、感謝できるなんて到底無理です。修行などした方はそれでも感謝のモチベーションになれるのかもしれませんが、私にはできる自信がありません。完璧なものではないんですから。

そこまで極端なネガティブな例でなくても、毎日仕事に追われたり、育児に追われたりしているとそれだけで心の余裕なんてなくなるでしょう。朝の夫婦げんかや、子供との言い合いはむしろあって当たり前と思うのです。

超情報化スピード社会を生きる私たちにとって、ゆっくり落ち着ける時間は、寝る時間ぐらいしかないでしょう。寝る時間でさえも、仕事のことでうなされたり熟睡できないような人が多いと思います。

そんな状態で、ゆったり構えて、毎秒、感謝を・・・なんて、聖人でないんですから、簡単にできるわけがありません。もちろん根底には誰しも「感謝」の心は絶対あります。ただ、それが中々表に出ていきにくいと、いうのもあると思います。

私も感謝したくてもできない状況が多くありました。それがまた苦しくて、自己嫌悪に陥ってしまいます。感謝もできない人間である自分が辛くて・・・。でも、いま思うと、あのときは仕方なかった、それどころではなかったのだから、許してあげよう、と思えるのです。生きるか死ぬかのギリギリのラインをずっと行ったり来たりしていた状況では、イチミリの余裕もありません。相手の気持ちを汲み取って、思いやりを・・・とか、すべてのものに感謝を・・・とか、自分に信頼を・・・とか、正直頭ではそういう思考が大事なことなんてわかっていますが、そんな感情に浸っている状態じゃありません、、でした。

いま思うのは、感謝できない時だって、誰にでもある。そういう時は無理しないで大丈夫。そういう自分を受け入れてあげること。それが大事かなと。

完璧である必要はないし、自己啓発本通りに生きれる人がいたら、とっくにそのような本は売れていません。人間だから、そのように生きれないから、自己啓発本は売れ続けるのです。

私はそのままでいい、受け入れることも大事だと思います。絶対、また心に余裕ができて、当たり前に感謝できる日々がきますから。

でも、どうしてもできないと、かなり自暴自棄な状態の人には、これ以上ネガティブのスパイラルにならないよう、助言させてもらいます。

それは、「ありがとう」という感謝の気持ちをとりあえず言葉に出して言ってみること。

ありがとうの魔法はやっぱりすごいです!浄化作用、癒し効果が高く、周りの人にも、自分にも癒しがやってきます。

まずは、毎日頑張って感謝する余裕すらない自分自身に向かって「ありがとう」

そして支えてくれる家族に「ありがとう」

それだけでとりあえず十分です。

毎日喧嘩しているような夫婦だったり親子は、小っ恥ずかしくて言えたもんじゃないかもしれませんが笑

勇気を出して伝えてみましょう。「ありがとう」と。

1回勇気をだしてみることです。1回言えば、癖になります。とてもいい癖です。朝からありがとうが飛び交う家になれば、喧嘩もなくなります。勝手に感謝しあえる感情が宿り、気づいたら、結果的に「感謝できる心」が育っているのです。

感謝できない人は、無理やり感謝するために頑張るのではなく、感謝できない今の自分の状態を受け入れ、認めてあげて、自分自身に「ありがとう」と感謝してみてください。そして自分に感謝できれば、自然とほかのことにも感謝できるようになってきます。小さなところから感謝する癖がつけば、感謝することが当たり前に変わるのです。大事なのは、まず自分に「感謝」できること。これもどうしてもまだ無理、という人はまだタイミングが違うのかもしれません。悩み、苦しむ時期も時として必要です。自分に感謝できればあとは早いです。家族に感謝すれば、心が安定します。そしてその延長でちいさなことにも感謝できるようになります。やがて、自分の持ち物や、自然、時間などの人ではないものにも感謝できるようになります。

無理やり頑張る、のではなく、(自分を洗脳するのではなく)、気づいたら自然に当たり前のように感謝できてた状態。というのが理想です。

そして自分を許せれば、ものすごい浄化されます。大事なのは自分自身を許すことなんですね。

許せた人が感謝に気づくのかもしれません。2016.11.08

天中殺を最高な気分で過ごしましょう

こんなこと言うと、びっくりされるでしょうが、天中殺だって、味方につければ最高な生き方ができますよ。

占い好きの人や占い師なんかは、先入観で「天中殺は怖い」と思いがちです。それは当然かもしれませんが。テレビで「大殺界」という言葉が流行ったときは、みなそれぞれが自分の大殺界を出して怯えたと思います。

でも、そんなに怖いもんでもなんでもありませんから安心してくださいよ。

私はどうも、「先入観」とか、「常識」とか、「思い込み」とか、「決めつけ、刷り込み」というのが嫌いで、赤ちゃんぐらいの時から嫌いでしたから、学校ではみんなが右を向いても一人だけ左を向くよう子供でしたから・・思いますが、そういった既成概念を壊した鑑定をしていきたいので。

日々進化し続ける「新しい」鑑定スタイルをとっていこうと思うのです。

で、天中殺ですが、現在は申酉天中殺さんが天中殺真っ只中で、月の天中殺では戌亥天中殺さんも天中殺の影響を受けています。やはり、鑑定に来られる方も今年入って申酉が圧倒的に多い。そして10月入って戌亥が負けじと増えてきています。やはり天中殺って悩みやすいんですね。不安になったりして。

そしてみなさん天中殺に怯えています。悪いことばっかりあるのか。何もできないのか。動いてはいけないのか。と。確かに、前のめりで自分の利益を追う時期ではありません。結婚などまとまることもよろしくないとされています。じゃあ、そんな不自由な天中殺の時って何をすれば心地いいの?ということですが。

天中殺期間に愛される行動は、「勉強」だったり、「奉仕」だったり、「休息」だったりです。今までの自分を振り返って、少し自分のために時間を使ってみる。スローダウンしてもいいから焦らず、ゆっくりと自分の時間を多く取る努力をしてみる。そして、してみたかったこと、勉強なり、趣味などをしてみる。余暇を楽しむ。大事なのは、人と競わないこと。自分の中の時間を大事にすることです。人のためになることをするのも大事です。ボランティアがいいです。見返りを求めないこと。そういう風に、少しペースを落としてでも、焦らず、自分と向き合いながら、冷静に周りとの距離をとることで、自分自身がクリアになり、結果、人のことも客観的に冷静に眺めることができます。この時期、自分のことは自分ですること。特に、人に依存しないこと。人を変えようとしない。自分を変えること。人を変えようとしたり、コントロールすると自分で自分の首を絞めることになります。これが原因で天中殺の苦しみを引きずる可能性が強くなるため、特に注意してください。人を変えたくなるのは、自分の心の弱さ、そして自信のなさからです。冷静に自分をみつめることで、見えてくるものがありますから、そいった自分に気づくのも、天中殺期間の思し召しです。

普段から奉仕的なことをしていたり、勉強家だったり、自分との対話時間を長くとっている人にとっては、天中殺だからといって何もブレることはないでしょう。ただ、健康面や事故などには注意が必要ですけどね。

あまりよろしくないのは、天中殺に思い切った行動を開始することです。基本、あまり長続きしないといわれています。ただ、私は絶対だめとは思いません。人間ですから、間違えても当然。失敗しないより、失敗して後悔する方が好きなので。失敗しても、それで得たものがあればそれに感謝できますから、。。ただ闇雲に焦って行動して周りに迷惑をかけてしまうのはよくないので、それはきちんとわきまえたほうがよさそうですね。

天中殺も、いい行動をすればどんどんプラスに働きます。善悪はありません。いい種をまくか、悪い種をまくか。それを選ぶだけです。2016.11.03