心の栄養補給1

パートナー、友人のいいところを100個書き出す


前回は自分のいいところを自分で100個書き出す、と書きました。実行された方いらっしゃいますか?どうでしたか。すんなり100個出てきた人は少ないでしょう。100個って中々ないもんですよね。まず100個に相当する言葉が思い浮かびにくい。でも、時間がかかったっていいんです。カウントするくせをつけて100個完成させてくださいね。100個が終わったら、次は200個です。これは落ち込んでいるとき読むと励みになりますよ。

今回は自分以外の人のいいところを100個書き出すことです。

家族、友人など近くにいる人。親子や夫婦なんか特に普段言えないのでいいでしょう。

近くなればなるほど、ケンカもするし、うまくいかないことが増えます。好きで結婚したのにささいなことで大嫌いになったりします。そして、この人のどこが好きだったんだろう・・・とまで考えてしまいます。

そんな時こそ、いいところ100個書きです!なんでもいいから、ご主人、恋人のいいところ、すきなところを100個書いてみてください。100個書くのが大事というより、書くことで好きなところについて考える時間をつくることが大事なのです。

いいことを紙に書くことで、その人にポジティブなイメージがたくさん生まれます。そして、やっぱり好きだったんだ、と思えるのです。

実はわたしもパートナーの好きなところ100個に挑戦しました。が、100は難関で、なかなか到達しません。最初の20個は割とでました。そこからなんとか70個まで絞り出しました。あと30個、まだまだ時間がかかりそうです。でも、70個あるだけですごいんです。そして、これをプレゼントする。

普段言えない気持ちの代わりとなって、心のこもったプレゼントとなるでしょう。

お互いのどこが好きか、がわかっているだけでお互いの自信になります。人に与えるのは非常にいいことなので、どんどんやってみましょう!ただ片思いの相手などにするとかなり重いので、そこは距離の近い人に・・・が大事ですけどね。2017.2.4

自分のいいところを100個書き出す

自分に自信がなかったり、あの人にくらべて私は〇〇が足りない・・・なんて不足感を感じたりしてしまう時。

人間だからどうしてもかんじてしまうものですよね。でもずっとその気持ちでいるのはblueです。こういう時は無理やりにでも、自分自身に肯定感を与えてあげることが大事です。

こういう時こそ、自分のいいところを100個探して書き出してください。なんでもいいんです。どんな些細なことでも、あの時いいことをした、というエピソードでも。昨日電車の席を譲った、とか、空き缶を拾ったとか最近ずっと怒らなかったとかでも。

100個もない!なんて思うかもしれませんが、大事なのは、その時間自分のことを集中して考えることができるということ。

人と比べてしまう時は、自分のことより人のことを考えています。それを自分に意識を戻すことで、自分を癒すのです。自分で自分を褒める。ポジティブな人は常にそれができています。そしてそれがかけたら常に持ち歩いたり、写真をとってスマホの中にデータでいれて移動中に読んだりして、自分を肯定させていきます。

自分で書いたとはいえ、自然と元気になっていき自信が戻っていくでしょう。

もっといいのは好きな人に書いてもらうことです。家族、恋人、友人などに書いてもらえばより、自己肯定感が強まりますね!寒い季節で気持ちも落ちやすいですからぜひ試してみてくださいね。2017.1.31

草取りをする

草取りって大人になるとあまりする機会がないですよね・・。

園芸の仕事や趣味をしている人や、そういった専門の方以外だとなかなか土と触れ合うこと自体少ないでしょう。

土を触ると、大地のあたたかさが感じられ、不思議とエネルギーをいただけます。草取りは単調な作業ですが、始めると止まらなくなるような感覚があって、気づいてみると没頭していた・・ということも多いです。

虫が顔を出したり、びっくりすることもありますが、一つ一つ根を張っていることを感じたり、その場所がきれいになっていくことが見れて達成感を感じたり。

地味に見える作業に気づきが隠れています。

黙々と作業しているときは、嫌なことを考えなくて済みます。集中しているからです。自然と向き合うのはそのような癒し効果もあります。庭の草でも、勤め先の草でもいいです、すこし腰を落として大地のエネルギーを感じてみましょう。2017.1.09

いらないものを捨てる

悩んでいる人や不満を抱えている人は、自分に必要ないものまで抱えてしまって心も体も重くなってしまっていることが多いです。

過去も重い、今も重い、なんだか心の荷物が多い・・・そして重い。

部屋にもいらないものが散らかっていませんか?

部屋は心の鏡です。心が乱れていると環境も乱れます。また、環境が乱れると、心も乱れます。

なにもかも・・ともっともっと!と欲深くなり多くのものを溜め込んでいませんか?今の自分に不要なものを思い切って捨ててみませんか。

自分のエリアである机の上、寝室だけでもとりあえず。押入れにある何年も使わないもの、昔の服、処分してみましょう。

部屋が片付くと心もスッキリした気持ちになります。

あとは過去の嫌な思い出。これも消したいですね。ものは簡単に捨てられますが、悪い記憶というのは中々消えてくれません。しかも、意識すると覚えてしまい、より忘れにくくなるから厄介です。

過去のことが嫌と思ったり、逆に過去の方がよかったと思うのは、今ここを感謝し、楽しめていないからです。

ただちに過去と精算し、今あるもの、今に感謝する第一歩を踏み出してください。もちろんすぐに思考は切り替わりませんから、ゆっくりでいいんです。1年後もムリだったら、5年かけてでもいいんです。

それでも5年後クリアになったら、その5年頑張った甲斐があるでしょう。2016.12.7

丸1日を自分のためだけに使う 

丸一日を誰にも会わず、自分だけのペースで誰にも邪魔されず自分がしたいことを思いっきりしたことがありますか?

あるという人はほとんどないでしょう。

まず、これだけの情報化社会ですから、誰ともメールのやりとりをしない日自体、ないと言っていいでしょう。

でも、思い切って携帯の電源をオフにして、丸一日、自分の感覚のまま、自分のためだけに時間を使ってみましょう。

結構時間というのはたっぷりあって、自由なんだという実感がわいてきます。

そして、自分にたくさん楽しみを与えてあげることで満足感とゆとりができ、周りの人にもやさしくなれます。自分だけに使う時間をつくると、自分との対話時間が増え、自分のニーズを自分で満たしてあげることができます。誰かに頼らず、自分で自分を楽しませる練習ができます。依存体質からの脱却もできます。

海外に行ったり、知らない土地に行くのも面白いでしょう。たまには自分のためだけに思いっきり時間を使って、人生にスパイスを与えてください。2016.11.26

花を贈る 

花は人を癒します。疲れた心を、疲れた人間関係を、癒す素晴らしい存在です。

ほのかな香りも私たちをやさしく癒してくれるでしょう。自分のためでもいいです、身近な人のためでもいいです。花を贈りませんか。

思い切って素敵な花束を。色とりどりの花には生活を彩るときめきがあります。

感性も豊かになり、特に傷ついた心を癒してくれるでしょう。

つらいことがあった場合は、花を抱きしめ、涙を流してください。強い浄化作用があるでしょう。

大好きな人に花を贈る、そして素晴らしい笑顔をあなたは受け取れることでしょう。2016.11.26

手紙を書いてみる

PC、スマホの普及で思いを表現するときに字を書いて伝えることが本当に減りました。ハガキにすらパソコンで打ち込んだ文字で印字します。字を書く機会というのは減り、漢字を忘れるようなことだってあるでしょう。

便利なツールでの感情表現もいいですが、活字だけでのやりとりはコミュニケーションに多くの誤解を生み、それが原因で人間関係が難しくなるケースが非常に多いです。

たまには手紙を書いてみてはどうでしょうか。自分の字で、丁寧に気持ちを込めて思いを伝える。

親、配偶者、子供、友人、お世話になった人に、手紙を書いてみませんか。

自分の書いた字で思いを伝えると照れくさいですが、スマホの活字と全く違い、魂が入ります。その人の思いが伝わりやすくなります。

ぜひ感謝の気持ちを自分の文字で書いて、届けてみましょう。ご自身の気持ちも同時に癒すことができます。自分のためにも、書いてみましょう。2016.11.26

森林浴をする

私は森林浴が好きで、急に時間が空いた時や、予定のない休日などふらっと森へ出かけます。森でなくても森林公園などでも十分です。

森は私たちにすばらしいエネルギーと浄化をもたらしてくれます。

11月、寒くなり気持ちも萎縮しやすく、寒さで体も重くなりやすいです。

森に行ってみましょう。木々は紅葉で美しく、木漏れ日があたらしい明日を照らしてくれるようです。鳥のさえずりは神秘的で心を癒してくれ、虫の声は感情の高ぶりを浄化してくれます。

木から出るエネルギーは気持ちをクリアにしてくれ、過去の思いや鬱屈した気持ちをニュートラルに戻してくれます。

ただ歩くだけで五感が研ぎ澄まされ、落ち着いた気持ちになります。

リセットしたい時も、インスピレーションを求めている時も、いつも森はあなたの味方です。2016.11.23

ハナウタを口ずさんでみる

子供の頃は歌をうたうことが多かったでしょう。大人になるとカラオケなどもちろん歌を歌う機会はありますが、子供の頃のような感覚で歌を口ずさんだり、勝手にハナウタが出てくる・・・みたいなことは減っていくのではないでしょうか。

なんとなく、気に入っている曲を口ずさむ。ハナウタでいいです。家事をしながらでも、車に乗っているときでも、一人の時間でも、、、。自分の歌声というのは、自分を癒してくれます。

うまいとか下手とかではなくて、自分の声に自分が癒されるというところが大事なのです。

そしてそのハナウタと共に、いやな気持ちが出て行って、浄化されれば心も軽くなります。

ハナウタを歌うときは肩の力を抜いて、リラックスして、力まずに、自然に口ずさみます。横にゆっくり揺れながら歌うのもいいです。私も気づいたら洗濯物を干しながらだったり、料理を作りながら歌を口ずさんでいます。風とともにすこし揺れながら・・・。

同じようにやってみてください。少しでも癒されたでしょう?2016.11.17

掃除を徹底的にする

忙しかったり、心に余裕がないと、掃除する時間もなかなかとれませんよね。どんなに忙しくても、勝手に部屋は綺麗になってくれませんから、自分がなんとかするしかないでしょう。

心に余裕がなかったり、ふさぎこんでいる時こそ、掃除をする時間に充ててみましょう。

窓を開けて、新しい空気をいれる。部屋の風通しを良くして深呼吸してみる。

鬱屈した雰囲気の部屋に新しい息吹を与えましょう。

いつも掃除機しかかけないのであれば、雑巾掛けをして床を磨いてみましょう。

艶も出て、気分も良くなります。掃除機だけで見過ごしていた部分の汚れにも気づき隅々まできれいになります。

こうして体を動かしていくと、適度な運動にもなり、ストレス発散になります。そしてきれいになって気分もよくなり満足度も高くなります。

床にものが散らばっていれば、所定の場所をつくって整理整頓する。綺麗で整理された部屋は心に余裕をもたらします。

普段掃除できないような場所も思い切ってやってみましょう。壁をきれいに拭くのもいいです。丁寧に気持ちを込めて掃除すれば、心も浄化されて一石二鳥です。

自分の居る空間に感謝の気持ちをもって過ごせば、安心感と癒しをもたらしてくれるでしょう。2016.11.15

読んでいなかった本を開く

あなたの家には1冊ぐらい、買ったはいいけれど、まだ目を通していない本、パラパラとめくってはみたけれど、まだじっくり読んだことのない本があるでしょう。

そのような本、持っているだけで読まないのならきっかけがない限り読まないままになります。

何か、モヤモヤしていたり、手持ち無沙汰な時は思い切って手にとって、開いてみましょう。

すると、タイミングと波長が合えばその本に吸い込まれ、勝手に内容が頭に入ってきて、きづけば没頭して読みふけってしまった・・・というようなことになります。

例えば模様替えや大掃除、引越しで片付けている際に出てきた古本をなにげに開いてみたら数時間読んでいた・・みたいなことが起こります。それに似た集中力が出るのです。

本とは不思議で、現在の自分の心境にシンクロしたものだけが頭にも心にも入りやすく理解しやすくなります。シンクロしないものは読んでいて苦痛だったり違和感があるのでスムーズに読めません。

もし家の片隅に読んでいない本が佇んでいたとしたら、開いてみましょう。

新しいなにかの、発見につながるかもしれません。2016.11.13

知らない道を歩いてみる

住み馴染んだ街でも、通ったことのない道というのはあると思います。小さな路地裏や、車では通れないような細い道。この町のことは大体知っている、と思っていてもそれは思い込みでタクシーの運転手さんでもわからないような道ってけっこうあります。

そんなプチ冒険だったら、簡単にできますよね。

わざわざ県外とか海外に行く必要はありません。簡単なリセット方法ではお金をかける必要はありません。

ふらっと家の近所から歩いてみる。あえて、通ったことのない道を行く。それだけで発見があります。新しいことに気づくことは新鮮味があり、刺激をもたらします。

散歩は五感にも良く、特に音、においに敏感になれます。体をうごかすので運動にもなり、気分転換になります。

近所でいいのです。徒歩5分圏内にも、あなたの知らない世界があります。

あまりに簡単に、冒険することができるのです。

大きな冒険は、小さな冒険から!知らない道を歩いてみましょう。