今日をいい気持ちで過ごすヒント2

一番大事なのは自分の素直な気持ち


信じるのは占いでなく親兄弟の決めつけでもなく教科書にかいてあることでなく自己啓発書や恋愛指南書の言葉でもなく、自分の内側の繊細な部分からわきでた気持ちです。

アドバイスはアドバイス。

でも大事なのはそれを鵜呑みにするのではなく自分がどういう気持ちでそれを感じたか、ということ。それに大きく気持ちが動けばそれでOK。違うなら違うでOK。

自分の内なる心の動きだけに集中して決めてください。

人がああいったから・・こうする。のではその人の言いなりの人生です。

大事なのは自分自身の人生を自分で舵をとり稼働させることです。その姿に人は感動します。がんばろうと思います。自分の気持ちに素直になる、これはできそうで意外とみんなできていません。

いやいや会社にいったり妥協だらけの人間関係で生きています。

人間は生き方を「選択」できます。ある程度自由なのに、妥協を選んで不満と言っています。それは妥協を選んだからです。自由、や、楽しい、を選んでいけばいいだけです。自分の気持ちと現実が釣り合わないから苦しいのです。たまには、自分の本当の気持ち、聞いてあげませんか。2017.2.4

傷ついた分だけやさしくなれる

ポジティブで楽しくて最高な気分のときって、すべてがうまくいく気がして、まったく不安がないですよね。心がおおきくなって、少々のことではめげない強いメンタルになっています。くよくよせず、楽しい気分です。

でも、傷ついた気分のときは、打って変わってすべてがグレーです。自信がなくなり、悲しくなり、人と自分をくらべて嘆いて。。。メンタルも辛いです。でもこういう時があるからこそ、ポジティブなときが一層豊かに感じるし、傷つく時間があるから人はやさしさに気づくんです。

傷ついたときは、どんなやさしさにも敏感になれます。ちいさなことに反応します。すこしでもやさしくされたら感動します。傷ついている時のほうが、人の痛みやネガティブな感情に共感できます。

これがあるから、人を受け入れられたり、許せるのです。傷つく時間も大事な時間です。

たくさん傷ついた分だけ、人はやさしくなれます。傷つくことを怖がらないで。2017.2.4

夢を叶えるには

生きてる以上、夢を持ち続けるって大切ですよね・・。

皆きっと幼い時は、なんだかの夢があったでしょう。もちろんそれが非現実的だとしても、夢は夢。未知の世界である未来に胸躍らせたことがあったでしょう。

大人になるにつれ、夢より義務感が増えていき、気づいたらやりたいことより、やらねばならないことに押しつぶされていた・・・なんてことが多いです。夢だけ見れた時が本当に幸せだったな~なんて思いますね。

時代は刻一刻と過ぎて行き、10年だってあっという間です。

夢を叶え、常に自分は成功し続けてきた!なんて人は稀でしょう。多くの人は、挫折を味わい、夢を諦め、現実の生き方を選んでいるのではないかと思います。

夢を叶えることってそんなに難しいんでしょうか。非現実的で難易度が高ければ高いほど難しいでしょうけど、地に足がついて、夢が叶っている自分を明らかに想像できれば、叶う可能性も高いでしょう。

大事なのは、その夢が自分に適しているか?見極めること。客観的な意見も参考にするべきです。時代とリンクしているか、人々のためになるか、そして、他力本願や運の力だけに頼らず、常に努力し続けられるか、最後に、常にポジティブな気持ちを心がけ感謝して生活しながら、くるべきタイミングを逃さないかどうか。

夢はおおきいほうがいいなんていいますが、自分の器以上のことをいくら願っても、やはり来るものは自分の力量にみあった現実です。その夢に向かっていくら努力できるかも大事です。努力できるということは、楽しいということです。実は、わたしも小さい頃は自分の夢が占い師なんてまったく思っても見ませんでした。夢は歌手とか服飾デザイナーとか、割と非現実で芸術的な難易度の高い分野です。

わたしの中での占いは夢よりも現実的で、自分の生活にとけこんでいて、幼い時から占いをすることが当たり前のようで、好きという気持ちが研究になり、結果的に占い師という職業として成り立つようにまでなりました。よく思えば、好きで、楽しいから、努力できたし、夢中になれたんだと思います。あとは自分に合った世界だった。前世?でもそういった精神分野の仕事をしていたのかな?とも思います。

逆に私は組織が大の苦手で、大企業の歯車の中の事務や雑務などのルーティンワークは、本当に気分が滅入ります。自分の夢がもし、大企業のキャリアウーマンだったら、叶えられなかったでしょう。

適正分野とは、自然に努力できる分野だと思います。夢を叶えたみなさんは、きっとその対象が好きで好きでたまらないのでしょう。その純粋さというのも非常に大切なのかな、と思います。

「適正」がなにかわからない人は算命学で知ってみてはいかがでしょうか?夢に近づける第一歩です。。2017.1.31

幸せを感じられないひとへ

幸せになりたい、どうすれば幸せになれるんだろう・・

幸せというテーマは、誰しもが願うこと、それと同時に悩むことだと思います。

努力しないと、人のために自分を犠牲にしないと、我慢しないと、、幸せになれない?そうなんですかね~。

それは今現在を否定していることになります。

じゃなくて、幸せというのは、もうすでにここに「存在」しているもの。それを感じられないから、幸せを外からもらおうとしてしまうのです。大事なものは外から取るのではなく、自分の内側から育み、与えること。

ただ生きているだけでそれだけで尊く幸せなのです。

人と比べたり不幸なことに見舞われると幸せを感じれなくなります。でも、住む家があたり、着るものがあったり、食べるものがあるだけで幸せだということに気づいてみてください。

ああして欲しい、こうなればいい、あれが欲しい、と、外から自分にないものを補充するばかりでは決して幸せにたどり着けません。幸せに気づけません。

現代は超情報化社会。もはやなんでも無料でワンクリックでものも情報も手に入る時代となりました。10代20代は無料で当たり前、ワンクリックですべて手に入って当たり前の世代です。だからこそ、大事なものも見落としやすい。打たれ弱く、メンタルもデリケートな子が多いです。便利と引換に大切なものを落としてしまいました。それは努力というプロセスかもしれません。

簡単に手に入るものは、簡単に手から離れます。簡単だからいいとは限りません。早いからいいとも限りません。

雑多な情報に惑わされず、自分の頭で常に考えて、努力しながらも、今の生活に感謝し幸せを感じる。シンプルですが、本当に大事なことだと思います。2017.1.08