長年ひきこもっている弟にできることは?

ご相談 長年ひきこもっている弟にできることは?

(Dさん 42歳 女性)

ひとつ下の弟が長年ひきこもっており、今年弟にとっては『律音年』と気づいたので、姉としては何とか社会復帰させたいのですが、私に出来ることって何だ?と行き詰っています。

本人は社会復帰に消極的で、今更何が出来るんだと思っているみたいです。病院行こう、と誘っても乗ってきません。
ちなみに私も独身・未婚なので、今年こそ弟のことを円満に片づけたいのですが、私に出来ることなんて何もないのでしょうか・・・


回答

弟さん 40歳 

33 17 52 辰巳 玉堂星 天恍星
禄存星 鳳閣星 玉堂星
天胡星 禄存星 天南星

※生月中殺

弟さまのことは非常に心配ですね。
お姉さまとしては早く社会復帰して新しい道を歩んで欲しいと思われていることでしょう。
弟さまの宿命や運勢を拝見して、どのような方なのか想像してみました。

生月中殺があり、自我が弱いので、主体性が弱く心に空洞を抱えた状態で自分の居場所を社会の中で確保するには、苦労が必然となり乗り越えるには苦労がある宿命です。

鳳閣星中殺があるので、健康にも注意が必要で精神的にもストレスを感じやすい宿命なので、人の多い環境などはストレスが増えます。
精神的にも悩みを抱えやすいので家族のサポートは必須です。
現在もひきこもりされているとのことで、非常にご家族としては心配ですね。

Dさまがおっしゃられたように、弟さまは今年「律音」年になります。
新しい自分に生まれ変わるチャンスの年でもあります。
今年は貫索星で自立独立の星がテーマですから、長年のひきこもりから自立へ向うにはいい運勢となっています。運勢のバックアップがあるので、あとは弟さま次第です。

弟さまはとなりにお父様がいて、お父様の家系とつながりが深く、影響を受けています。
両親の星が中殺されているので、親との関わりは難しくなります。
辰巳月殺ですから、生家に居づらくなり、早い親離れとなるのが自然です。
非常にお人好しで素朴なところがあり、それゆえに騙されやすいので注意が必要です。

弟さまは2000年から約20年間、気が凝縮しており精神的に苦しい状況が続いていました。
のびのびと生きて行きにくい、運の濁りを感じる大変な時だったでしょう。
しかし今年を皮切りに、来年から凝り固まっていた気は散らばり伸び伸びと、自分の良さを発揮しやすい状態になります。

2020年からは大運も切り替わり自分の能力を活かしやすくなります。
2020年から大運天中殺に突入し、仕事は「大半会」です。(おおいに盛り上がります)
今まで落ち込んだ分だけ陽転する可能性は十分になります。

4と5のつく歳は接運でも特に注意が必要なので、サポートが大事です。
(44歳、45歳、54歳、55歳・・・)

いきなり独立、社会復帰、とまで簡単にはいかないでしょうから、
心療科など、信頼のおける病院へ通院されることからでも遅くはありません。
社会とつながるきっかけを作ってあげることが何より大事と思います。

来年は人間関係も広がります。まずは一歩、外に出てちいさなことからでも社会とつながれば、
少しづつ心を開いてくれるようになるでしょう。

ご両親との距離感が難しい宿命なので、お姉さまは頼れる存在になるとは思いますが、弟さまは兄弟の星も持っていないので、兄弟に頼ることも難しいものがあります。

逆にDさまには兄弟の星があるので、弟さまを気にする気持ちは相当あるでしょう。お二人は助け合える相性でもあります。

弟さまは精神的にも不安定になりやすく、時期としても難しい時期でした。
それを受け入れてあげた上で、気にかけるというのが最大限の愛情だと思います。
弟さまを無理して「変える」のではなく、時間をかけて地道につきあっていくことが
結果として弟さまを変えることになるかもしれません。

弟さまの好きだったこと、趣味であり、なんであり、ありましたでしょう。
好きだったものから、人生は切り開かれていきます。

書や信頼できる人との出会いも、弟さまの人生をいいものに変えていきます。

あとは環境です。辰巳月殺は、自分の道を自分で切り開いてこそ、の宿命です。

この宿命で大成するには、悪い環境を自分らしいいい環境に変えていかなければなりません。今が悪い環境であれば、思い切って違う環境へ身を投じることが大事です。思い切った行動力、冒険心は誰よりも強い弟さまですから期待できます。