元気がなくなった母はどうすれば生きやすいのか?

ご相談 元気がなくなった母はどうすれば生きやすいのか?

26歳 女性 Kさん

相談したいことは母の事です。現在は家族四人で暮らしております。(父 母 妹 私)

正確にはいつ頃からかは覚えていませんが、1 年半位前からでしょうか。。母が あまり 家から外に出なくなりました。理由は体調です。腰が痛い 頭がいたい めまいがする。 日により体調は違うのですが、腰はいつも痛いようです。腰が痛いので、家の中でもあまり動かず リビングのソファーで毎日寝ころんでいます。 病院に行き 原因を 知り 改善 していくことが最善だとは思いますが、母に一緒に病院へ行こうと誘っても 、今日は寒いから 今日は頭が痛いから 等、理由をつけて行ってくれません。最近、ずっと寝転んでいるからか、足の筋肉が一気に衰えてきたようです。急に歳をとりました。言い間違えなども多くなって、軽いボケの始まりか?などとも考えてしまいます。

以前は 私たち娘が学生の頃は PTAに参加したり、自治会にも参加したり、 活発に動いておりました。

2007年 叔父(母兄)自殺
叔父は祖父母と暮らしており、ずっとひきこもりでした。母方の祖父母の介護の為に母が私たちの家の近くにマンションを借り引っ越してきて欲しいと言い引っ越し当日に自殺してしまいました。元々は車で30分ほどの距離でした。
2007年 祖父母と同居 介護
2010 年 祖父母 他界

今思えば 母は 祖母が支えだったのかな??なんて思います。祖母にはよく色々と相談していたみたいですし、お出掛けなどもしていました。祖父母が他界してから だんだんと元気がなくなってきたのかとも思います。身体の痛みと精神的なものは違いますが、これもひとつの原因なのかなと感じます。

母に 人生を 楽しく生きて欲しいのです。今のままでは、身体が早く衰え 毎日 家で過ごしてることになります。趣味もなく お友達とお茶をするとかもありません。
私たち娘もいずれは家をでるでしょう。心配です。
母はどうしたら生きやすいのでしょうか?
もちろん、病院へ行きケアすることが最優先ではありますが。。。
母の人生 。どのような宿命なのでしょうか。


回答

Kさまお母さま

8 51 35 戌亥 玉堂星 天南星
龍高星 司禄星 玉堂星
天堂星 司禄星 天報星

※生年中殺

お母さまの体調や精神状態は本当に心配になりますね、お母さまもいままで相当無理もされてこられたのでしょう。元気で活発だったお母さまがこのような状態になるのを見るのも、お辛いことと思います。

またお母さまが今までのように明るく生きて欲しいと切に願われていることと思います。

2007年からお母さまは精神的にもショックなことが続き、心労もかなりあったのは確かでしょう。お母さまは愚痴や弱音を嫌い、真面目に役割をこなしていく方です。どんなに疲れても、大変でも、周りには笑顔でその苦労を外に出しません。ですから、ご自身で悩みや疲れを溜め込みやすいのです。洗練された精神を持たれており、忍耐と努力で困難を乗り切っていかれる方です。

おばあさまが心の支えというのはそうでしょう。お母さまには「母」の星が目立ち、存在感が大きいです。生年中殺という宿命で、母の星が中殺されているためお母さまとの付き合い方は通常執着するか、逆に離反するかになりますが、かなり精神的距離が近かったのですね。その大事な存在であるお母さまを亡くされたことは大きな喪失感になりますでしょう。

お母さまの宿命、見るからに葛藤が多く、しかし弱音を吐けないので、自分自身でがんばりぬかれる方です。人のために生きるのが自然な宿命で、自分の気持ちより相手の気持ちを優先されます。どんなに辛くても、人にそれをだせないもどかしさもあるでしょう。自分の感情を外に出すのが苦手な傾向があります。

お母さまのお兄さまが亡くなられた2007年はお母さまの天中殺の年で、大運運勢で「害」が回っていた時でした。その翌年も年運勢で「害」が回っており、心身ともに疲弊しやすかったと思います。ご自身を責められて苦しい思いもされたかもしれません。

ご両親が亡くなられた2010年も「害」の大運運勢でした。ここ1年半ぐらいから体調不良を訴えられているということですが、お母さまは2012年から接運の時期に入っておられ、精神的にも不安定になりやすかったのです。接運は今年まで続きます。運の切り替わりの時で、お母さまの年齢からすると、更年期などの懸念もあり、メンタルだけでなく、体にも負担がある時期ではないでしょうか。

色々と重なってしまっての、不調だと思います。そして、お母さまはかなり我慢されていたのだと思います。

早めに病院に行かれることが大事です。あとは、お母さまが心のうちを打ち明けられる方がいることが大事です。話を聞いてもらう方がいるだけで、だいぶ違うと思います。女性限定の心療科などでも、いいと思います。

2018年からも2年の天中殺に入ります。天中殺でも精神的にそわそわとしやすくなるので、早めにケアされてください。

お母さまは人の相談役をしたり、人のサポートや、芸術関係の趣味を持たれることが宿命的に自然となります。しかしまずはご自身の安定が第一です。

運勢的にも不安定な時期が続いていたのですが、今年来年ぐらいから少しずつ安定してきます。家族の方の支えが大事な時期ですので、ご家族全員でお母さまに寄り添ってあげてください。