お悩み処方箋~結婚~

●結婚についての悩み●

  • 一緒にいても楽しくない
  • 妻が否定的
  • 夫が趣味に熱中しすぎる
  • 経済感覚の違い
  • 会話がなく無口な夫・しゃべりたい妻
  • セックスレス
  • 夫婦喧嘩が絶えない

最近は3組に1組の夫婦が離婚するほど、日本は離婚大国になってしまいました。

昔に比べて、女性の社会進出も激しくなり、自由を求めるライフスタイルが加速し、価値観の違いなどで多くの夫婦が決別しています。

日本人は我慢強いはずだったのに、驚く程離婚が大衆化してしまいました。

鑑定でも、離婚の相談や、再婚に拘る相談が後を絶ちません。別れたいと思っている女性の多さにもびっくりしてしまうほどです。

なぜ、愛し合って結ばれた二人がいとも簡単に別れてしまうのか?

それは時代のせいでもありますし、男女の気持ちのすれ違い、親戚付き合いなど、様々な理由が絡んでしまっています。

男性は仕事中心で忙しさに押しつぶされ、女性は育児で疲労し、すれ違いとなったり、男性の浮気、女性の浮気、様々な問題とともに、結婚生活は流れていきます。

結婚というのは、本当に試練がつきものだと思います。

結婚したから、努力せずとも自動的に幸せになる!結婚したから、楽をする!というのは間違いで、結婚がすべての始まり。大変なことも、トラブルも、二人の間に起こってあたり前。その時に、どう解決していくかがそれからの絆の深め方です。

それを過ごさないまま、さっぱりと縁を切る夫婦が多くなったのではないでしょうか?

価値観が合わない、性格が合わないから離婚というケースも最近多いですが、違う人間ですから、そんなもの合わなくて当然です。合わないからこそ面白いところも受け入れ相手を認めていく力も大事です。

夫婦というのは究極の人間関係ですから、かなり鍛えられます。

大事なのは、勇気と努力、受容だと思います。

相手に甘んじて、努力を怠らないこと、相手を笑顔にさせる努力をする、その姿勢があなたを魅力的に美しくしていきます。愚痴や悪口ばかりパートナーにぶつけていては、あなた自体もドス黒くすさんでいきます。

勇気は、いつまでも大事です。勇気を出して、問題を解決する、パートナーの心の扉を開いてみる、もう無理だ、と思わない、覚悟も大事です。

あとは受容力です。パートナーだからこそ許せないことは多いでしょう。しかし、目をつぶることも、必要なときはあるでしょう。

大事なのは、いつも一方通行ではなく、お互いが共鳴しながら、成長していくことです。

夫婦だって鏡です。あなたのパートナーはキラキラ輝いていますか?それはそのままあなたの姿にもリンクしていますよ。

breathでは、夫婦の相性鑑定も細部まで細かくしています。相手の宿命を知ることで、許せること、理解できることが増え、新しい人生観が出てくるでしょう。どうしようもないことを受け入れること、これができれば、大きな悩みは解決するかもしれません。

最後に、結婚といえばこの詩です。

『 祝 婚 歌 』 吉野 弘

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうち どちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

そしてなぜ 胸が熱くなるのか
黙っていてもふたりには
わかるのであってほしい


この詩に出会った時は、正直目からウロコでした。今までの自分の人生観をいい意味で蹴散らしてくれました。この詩のように、私はいつも完璧を求め、パートナーから見て最善で、最高で立派で、完璧な人間に映るよう、努力し、本当の自分を見失っていました。

そしてパートナーも私に対してそのように振舞っていたと思います。お互いがお互いにとって完璧なパートナーを演じることで、人間らしさを見失っていました。もちろん、我慢の毎日でNOといえず、本音を隠しながら完璧を装って生きることに辟易し、関係もこわばっていきました。

完全に、本当の自分をさらけだす恐怖感さえ感じていたのです。

しかし、この詩を読んだとき、驚愕しました。最初は中々理解すらできませんでした。これが、人間か。ということに気づくまで時間がかかるほど、人間らしさを失ってまで完璧を目指していた自分に唖然としました。

それは、相手にいつまでも尊敬されていたいという私のプライドが人間らしさを邪魔していたんだと気づきました。

ゆったりゆたかに光を浴びているほうがいい。

なんて、自然で、悠然としていて、美しく人間的で、完璧で尊敬されなくても十分に満たされることなんだと思い知らされました。

緊張感は刺激となり最初はいいですが、長く連れ添っていくには、余計な荷物となります。

ふたりでゆっくり光を浴びているだけでいい。

そこに、尊敬されたいとか、立派に思われたい、なんて欲などなく、ただ一緒に美しいものを見ていれたらいい。という世界観こそが、本物の愛なんだなと気付かされました。

長年の夫婦生活で悩んでいる方、相手との関係がこわばっている方などは、この詩にならって、自分を少し開放してあげてください。

本当の愛に気づくのは、意外なところにあるのです。